究極の一本?(ギターの話)

 

昨日は、埼玉で夜遅くの出張レッスン。深夜過ぎに帰宅して、今日は早朝から都内へまたまたレッスンへ。立て続けに生徒さんたちを教えて帰宅。受講者の希望するスタジオへ出向いてのレッスンは、走り回る仕事となります()

 

本日は生徒さんの一人と、レッスン終了間際になかなか興味深い話となりました。今まで音楽や演奏にする質問なら、ほぼ全て答えるとこが出来るつもりでいましたが、今日は生徒さんから突然「現在所有しているギターの中で『究極の一本』はあるのか?」という質問を食らい、久々に返答に詰まってしまいました。確かに、最近はそのようなことを余り考えても見なかった・・・

 

この生徒さんが知りたかったのは「何らかの演奏の場に呼ばれたものの、誰と演奏するのかも何を演奏するのかもわからない。しかも、ギターの持参は1本のみしか許されない場合、どれを持っていくか」ということだったようです。「そんなシチュエーションがどこにあるんだっ」というツッコミはさておき(苦笑)、ジャズ系やブルース・ソウル系ならレスポールかな、でもロックやフュージョン系ならアーム付きのストラト系を持っていきたいし、でも何を弾くかがまだ不明なんだよな〜、などなど・・・(←結構、本気で考え込んどる・・・)

 

・・・と、生徒さんと話しながら色々と考えていたら、ふと「こういう時に持って行こうとする楽器、共通点があるかも・・」ということに気が付きました。「いざという時」に持って行きたくなるギターは、どれも素材が「マホガニー、メイプル、エボニー(もしくはローズウッド)」の組み合わせなのです。

 

マホガニー・ボディ、メイプル・ネック、エボニー指板

 

 

メイプル・オン・マホガニー・ボディ、メイプル・ネック、エボニー指板

 

 

メイプル・オン・マホガニー・ボディ、メイプル・ネック、ローズウッド指板

 

 

マホガニー・ボディ、メイプル・ネック、ローズウッド指板

 

 

確かに、僕が「取り敢えず、こいつを持って行けば何とかなるだろ」で選ぶギターは使われている木材が似ています。もちろん、素材さえ同じであればどんなギターでも良いという訳ではありませんが、これは基本的に10代の頃から大きくは変わっていない傾向かも知れません。何が原因でこのような好みとなったかは良くわかりませんが、自分にとっては安定したプレイをサポートしてくれるタイプのギターなのでしょう。でも、最終的には楽器の素材が自分の音を決定付けているのではなく、そのプレイヤビリティが「自分のサウンド」を伸び伸びと作り出するためのインスピレーションを与えてくれている、そう解釈しています。

 

あ、もちろん別の素材のギターも所有しています。飽くまでも「究極の一本」の話だったので・・・

 

 

 

・・・で、究極の場合にはどれを持って行くのかというと・・・

 

 

 

・・・う〜ん、もう12週間ほど考えてもいいですか・・・?(←結局、なんやねん)

 

 

楽器の紹介はこちらからご覧いただけます。

 

 


ミテヨコハマ??・・・「わかっている人」になるために (レッスンのあれやこれやシリーズ)

 

 冒頭からいきなり音楽とは別の話で恐縮ですが(後半では本題に繋がっていくはずなので・・・)、スーパー等で売っている「シャウエッセン」というソーセージがあります。自分もちょくちょく買うのですが、商品名には未だに馴染めない。恐らく「ソーセージ=ドイツ」という発想から、「ドイツ風」の名前を付けたのでしょうが、僕は30年以上ドイツで暮らしていて「Schauessen」という単語を聞いたことがありません。但し、コンマを入れて「Schau, Essen」とすれば、何とか意味を成す表現にはなります:

 

Schau」とはドイツ語で「ほら、ご覧」という意味です。「Essen」には二つの解釈があり、一つには「食事」、もう一つは「エッセン」という市の名前です。つまり、「Schau, Essen」と2語にすれば「ほら、ご覧、食事だよ」もしくは「ほら、ご覧、エッセン市だよ」といった意味に捉えることが出来ます。例えば、湾岸をドライブしていて「見て、横浜だ!」と言っているような感じでしょうか。でも「Schauessen」と表記されると、まるでドイツのスーパーで「ミテゴハン」「ミテヨコハマ」という名の日本フードが販売されているようで違和感があります。 

(^^;) 

ひょっとすると、ドイツ語を良く解さない誰かが、商品を「これでドイツ風の名前になるでしょ」とネーミングしたのかもしれません。でも、本場のドイツ人やドイツ語を解する人から見れば「ちょっと勘違いしていない?」となるのではないでしょうか。

 

 

たまにですが、音楽の世界でも似たようなことを経験します。以前、ヘヴィメタル一辺倒のギタリストから「最近はジャズも聴いているんですよ!」と紹介されたアルバムは、聴いてみると生粋のソウル・ミュージックでした。恐らく、歪まないリズム・ギターでいわゆる「テンション・コード」が鳴らされていることで、「ジャズ風」との勘違いが生じたのではないかと思います。ほぼ70年代までのポップスしか知らない方(僕の年代にはそういった方もおられます)から「ヘヴィメタルって、ボン・ジョヴィみたいなバンドのことでしょ?」と言われたこともあります(これは、歪みのギターと革ジャンのイメージが原因かな・・?)。両方とも、「良くわからないけれども、何となくそれっぽく聴こえる」という思い込みからの発言ではないかと推測されます。でも、もしこれが一般のリスナーではなく現役のミュージシャンの発言となると、そのジャンルに精通している人から「そんなこともわからずに音楽やっているの?」と思われかねません。

 

 

冒頭にて述べた外国語の勘違いや理解不足は、時間を掛けてその言語を学ばないとなかなか克服できない問題かもしれませんが、音楽ジャンルの名称、その違いや代表アーティストなどは、ほんの少しだけ時間を割いて情報サイトなどで調べればすぐに判明します。様々なジャンルをより良く理解することで音楽の視野を広げ、新たな刺激や知識を吸収していくことは、確実に自身の演奏スキルを成熟させることにも繋がります。特定のジャンルをしっかりと理解して演奏すれば、そのミュージシャンはレベルを問わずに「わかっている人だな〜」と遥かに認められるようになることでしょう。

 

 

ちなみに、「R&B」をJ-ポップスから生まれたジャンルだと思い込んでいた人に出会ったこともあります。もちろん、R&B(リズム・アンド・ブルース)はアメリカの黒人音楽の中から生まれてきたジャンルです。

参考までに、代表的な黒人音楽であるソウルやファンクなどの、バッキング・ギターのヴァリエーションをご紹介します。色々と使い分けが出来ると、演奏していて楽しいものです。

 

映像ではシブい顔して弾いておりますが、これは集中しているからです。心の中では思い切り笑顔で楽しんでいます(←誰もわからん)

 

その他の紹介動画も、以下のサイトよりご覧いただけます。

 

 

プレイヤー一人ひとりの、音楽に対する理解が深まり、結果として皆でシーン全体を盛り上げていければ最高ですね。

 

 

このテーマに関する質問や疑問などあれば、ITANI OFFICIAL WEBの「お問い合わせ」よりお気軽にご一報ください。 

 

 


高校生バンドのように・・・?

 

本日は午前から、Shoot The Diceの定例(?)リハーサルでした。このバンド、ライブが迫っている訳でもないのにほぼ毎月リハを行なうという、自分が身を置くシーンでは大変珍しいバンド。これほど定期的にリハを行なうのは、20代の頃が最後だったかもしれません()

 

巷では「イタニがロック畑の出身だから、頻繁にリハを行ないたがっているのだろう」などという説も流れているようですが(←誰が言ってるんだ?)・・・いやいや・・・

 

以前にも述べましたが、ベースの野々口毅氏はリー・リトナー(G)やパトリース・ラッシェン(Kb)などLAスタジオ・シーンの猛者との共演経験もある凄腕ミュージシャン。ドラムスのJun Saito氏に至っては、ギタリストだけでもラリー・コリエル、マイク・スターン、渡辺香津美、パット、メセニー、チャック・ローブその他大勢と共演してきたワールド・クラスのアーティスト。この日本有数のリズム・セクションが、僕の一存で高校生バンドのようにハイハイとリハに来るはずがありません。音楽に対する情熱が、彼らを損得抜きに動かしている・・・と、僕は信じています(←でないと、こっちがプレッシャーでやってられん・・汗)

 

熱心にリハを行なう割には、ステージは年に1回ほどという規則正しいペースで(←どこがやねん)活動してきたShoot The Diceですが、次回のライブではレパートリーの60%〜70%を一新する予定。過去に観に来て下さった方々は、かなり驚かれるかもしれません。

 

僕自身のバンド「ITANI」とはサウンドが全く異なるShoot The Dice、ギターの音作りは試行錯誤を重ねます。本日のリハでは初の試みも行なってみました。

 

 

画像に写っているセッティングで、ギターのスピーカーキャビネットは接続されておらず、単なるスタンド代わり。いわゆる「モデリング・アンプ」を直接P.A.に繋ぐというセッティングで演奏してみましたが、結果としては予想以上に好印象。まだ微調整が必要ですが、ひょっとすると次回のライブはスピーカーレスで挑むことになるかも・・・?

 

ジャンルも、プレイ・スタイルも、キャリアも大きく異なる3人が、良い音楽をクリエイトするという想いで繋がり、一つになっていく。生演奏の醍醐味が、このバンドに詰まっているような気がしています。

 

次回のShoot The Diceステージ1123(木、祝)、西荻窪Live Spot Terraにて。見逃せないライブとなります!ぜひお越しください。

 

 

しかし、気が張るリハだな〜(苦笑)


「お行儀よく練習しても身に付かない・・・?」(レッスンのあれやこれやシリーズ)

 

ギター・レッスンを行なう際に、その形態やカリキュラムの進め方は様々です。その一番の理由は、生徒さんの個性や受け止め方が一人ひとり異なることにあると思っています。

 

最近、ある生徒さんのリクエストで、生徒さんお気に入りのブルース・ナンバーを譜面に起こして一緒に練習するというプログラムを始めました。

 

「ブルースを譜面にする?何で?」と思われる方も多いと思います。確かに、有名なブルースの先人たちは譜面が読めないどころか、レッスンさえ受けたこともないギタリストたちが大半です。「ブルースは耳で、フィーリングで感じるもの。譜面を使ってお行儀よく練習したって、ブルースは身につかねーよ」と言う人の気持ちもわかります。

 

でも長年レッスンを行なっていると、人は千差万別であることを実感するようになります。同じ「理解する」「練習する」「マスターする」でも、各々に適している過程は驚くほど多様なのです。

 

例えば、僕も幾度か共演したことのある知り合いのミュージシャンに、音を色彩感覚でイメージできるという、稀な能力を持つギタリストがいます。また、音楽の流れを幾何学模様のように感じるという人もいます(←自分はこのタイプにちょっと近いかも・・)。音楽の捉え方そのものに根本的な違いがあるこの二つのタイプで、演奏スキルを習得する手法やプロセスが全く同じとは考えづらいのではないでしょうか。

 

音楽とはちょっと別の話になりますが、「文書が苦手で、本や雑誌を読んでいても、途中から内容が頭に入らなくなってくる」という方を知っています。でも、この方は「数学の方程式などは幾らでも集中して解ける」というタイプです。この方が物事に取り組む際に、いわゆる「文系」の人とは異なる手法を用いるであろうことは想像に難くありません。

 

ミュージシャンも人によってタイプが異なり、それに合わせた習得方法を選べば驚くほど上達するようになります。

 

冒頭で紹介した生徒さんは元々メタラーで、ブルースに興味はあったものの「どうしてもブルージーなプレイにならない」が悩みのようでした。ところが譜面を使いブルース・プレイのニュアンスを「見やすく」したことで、この生徒さんの場合ではどんどんブルージーなプレイがこなせるようになっただけではなく、それに伴い耳も「肥えて」きたため、今では有名なブルース・ギタリストの演奏ニュアンスを、自らの耳でもコピーできるようになり始めています。つまり、ほんの少しの回り道を経て「ブルースは耳で感じるもの」に辿り着けているのです。

 

スラッシュメタル「限定」だった生徒さんが、今では他のジャンルも理解し、演奏している時に見せる「頑張れば自分にも出来る!」という充実した表情が、レッスンの醍醐味ではないかと感じています。  

 

「楽器をマスターする」過程に先入観は禁物。悩んだ時には、出来るだけ様々な経験者に相談すべきかもしれません。

 

固定観念を捨てて、練習や研究に取り組むと、今まで見えていなかった新しい世界が開けることがあります。ぜひトライしてみてはいかがでしょうか・・・

(^^)  

 

 

 

・・・と語る自分が、忙しくて練習時間が取れておらん。先ずはオレが頑張らんと・・・

(・・;

 

 

このテーマに関する質問や疑問などあれば、ITANI OFFICIAL WEBの「お問い合わせ」よりお気軽にご一報ください。 

 


コピーって、何のためにするの?(レッスンのあれやこれやシリーズ)

 

最近、たまたま複数人の生徒さんから「他のギタリストをコピーすると、より早く上達しますか?」「コピーの意義を教えてほしい」「耳でコピーしなくとも、スコアブックや動画サイトで弾き方をチェックしても同じことではないか?」などの質問を相次いで受けました。ちょうど良いきっかけかもしれないので、今回は「コピー」について少しだけ記したいと思います。いつも通り、全くの主観で書いていますのでご容赦を・・・

 

 

ギタリストが他の(多くの場合は有名な)ギタリストの曲、奏法、フレーズ、ソロやバッキングなどをコピーすることはよくあるようですが、コピーをする動機は人によって様々ではないかと思います。

 

  • 憧れのギタリストの真似をしたい(←どんどん楽しみましょう)
  • 友達や知り合いに弾いて見せて自慢したい(←思い切りかましてやりましょう)
  • 動画サイトなどに投稿して、「いいね!」をたくさんもらいたい(←見せつけてやりましょう)

 

音楽のやり方に絶対的なルールはありません。自分の基準や価値観で好きな内容を好きなようにコピーして、自分自身で満足していればそれで幸せだと言えるのではないでしょうか。

 

 

但し、たった一つのフレーズや楽曲をコピーするだけでも、それを通じて自身のスキルアップを最大限に図りたいという場合には、幾つかの具体的な取り組み方により、ミュージシャンとしてより早く成長することが可能となります。そのためには、

 

1. 出来る限り自分の耳でコピーする

慣れない人には大変な作業となる場合がありますが、可能な限りスコアブックや動画サイトを使わずに、自分の音感のみを頼りにコピーすることは、自身のスキルアップに想像以上に貢献します。演奏に大切、いや不可欠な音感が鍛えられる(馴染むと、コピーもどんどん楽になってきます)だけではありません。対象のギタリストの細かなニュアンスや表現法などを、動画サイトなどでいわば「カンニングする」より遥かに体感・吸収でき、更にその表現法を自身のプレイ・スタイルに消化して全く新たな世界をクリエイトすることも可能となります。「耳でコピーするとなかなか弾けねーから動画サイト使ってんだろーが」と言わずに、時間を掛けて根気よくトライすると、単なる曲やフレーズのコピーを遥かに上回る能力が身に付くことは確実です。

 

2. 「自分の運指」を模索する

動画サイトやスコアブック(特にタブ譜付き)を見ながらコピーすると、どうして運指の「正解」が示されてしまいます。でも、ギタリストの指や手の大きさ、長さや形状は人によって全く異なります。それにも拘らず、全員が同じ運指でも本当に「正解」なのでしょうか。僕が好きなアメリカのジャズ・ピアニスト、チック・コリアが率いる「Elektrik Band」という、超絶テクニシャンの集合体のようなバンドがあります。このバンドの初代ギタリストはスコット・ヘンダーソン。彼の後任はフランク・ギャンバレというギタリストです。この二人は同じ曲を弾いていても、運指が全く異なります。そして、以前に僕自身がその曲に取り組んだ際に、またこの二人とは全く別の運指で弾いていることに気付いたことがあります。耳でコピーしていくと試行錯誤はあると思いますが、最終的には自分に最もフィットしたアプローチを習得できる可能性が高いのではないでしょうか。

 

3. ギター・パート以外も「コピー」する

バンド内のギターは、決して一人で成立している訳ではありません。コード進行、ドラムスのグルーヴやベースラインなどと融合することで、初めて「カッコいい」サウンドが確立されます。憧れのギタリストの演奏も、その他の楽器の演奏内容が全く異なっていたら、半分もカッコ良くならかった可能性も十分あるのです。ギター・ソロなどをコピーする際に、そのバックに流れているコード進行はもちろんのこと、ベース・パートやドラムスの刻むパターンなどもコピー(聞き取り)してみる。すると、憧れのソロがカッコよく聞こえる「理由」が見えてくる可能性が高まります。カッコよく聞こえる「システム」がわかれば、今度は独自に編み出したプレイも、どのようにバンドで応用すればカッコよくなるかが理解できるようになる。単に「コピーできた!」以上の収穫が得られるのです。

 

 

今は演奏に関する情報が多く入手でき、ちょっと大変になると安易に「盗める」時代となっています。でも、時には少し「苦労」して、敢えて周りに頼らず自分の耳で取り組んでみることも大切ではないでしょうか。慣れている人は別として、経験の少ない人にとっては大変かもしれません。でも「試行錯誤」を恐れない。「悩む」を嫌がらない。「うまくいかない」で諦めない。粘ってそれを乗り越えた時に得られる「音楽性」は、周りが簡単に「盗む」ことのできない表現豊かなものとなることは確実だと思います。

 

 

このテーマに関する質問や疑問などあれば、ITANI OFFICIAL WEBの「お問い合わせ」よりお気軽にご一報ください。 

 

 

音楽性豊かなミュージシャンが増えれば、シーンは自然と盛り上がる。生徒さん達には、先陣を切って腕を上げてくれることを願っています。

 

 


calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
PROFILE
ギタリスト・コンポーザー・音楽講師。

幼少よりよりドイツ在住。ミュージカル、ビッグバンド、ブルース、ハードロックからスイングジャズまでのサポートを務める傍ら、自己のバンド「ITANI」でヨーロッパ諸国にて活動。

1997年に帰国。「ITANI」を再結成する。今まで計3枚のアルバムをリリース。最新アルバム「Station To Station」は海外のプレスからも絶賛される。現在、AmazonやiTunes Storeにて好評発売中。

http://itanimusic.com/

LIVE SCHEDULE

2017年11月23日(木、祝日)
SHOOT THE DICE
西荻窪Terra

selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM