傍目から見るより(番外編のお知らせ)

 

さて、Shoot The Dice大塚Welcomebackライブが2日後の425日に迫っていますが、その前に今日は別のお知らせです。

 

以前より不定期に翻訳や通訳の依頼をいただいていますが、ここ23年は報道番組の映像翻訳のお仕事が増えつつあります。過去には「アナザーストーリーズ」や「世界はTOKYOをめざす」(共にNHK-BS)などで、ドイツ語圏における取材の字幕翻訳を任されてきました。

 

そして今回は4/27()に放映される特番において映像翻訳を担当致しました。 

 
2019年4月27日(土) 午後9:00〜午後10:50(110分) 
NHK-BS1 
「BS1スペシャル:個人情報が世界を変える」 
番組ホームページはこちらから

 

この番組では、ドイツ語のインタビューや会話部分の翻訳作業を受け持っています。110分にわたる大掛かりな番組で、今年の1月から断続的に携わってきたお仕事です。映像翻訳は他の翻訳作業より色々な意味で手間がかかるのですが、こちらの仕上げが手早かったせいか追加・追々加・追々々加・・・と依頼が相次ぎ、昨日まで膨大な量の映像に取り組んでいました(いったい何時間分を訳したんだろ・・?)

 

ということで、本日は制作会社のスタジオで映像と字幕の最終チェックを行ない、ようやく全てが完了・・・と思いきや、この後にまだ追加の作業を依頼したいとのこと。放送4日前なのに・・・さすがに大変ですが、制作担当の方々は本当にご苦労様です。とても興味深い番組となると思いますので、お時間のある方はぜひ観てください。

 

以前にも記しましたが、取材で撮影された映像資料から実際に使われるのはほんの一部。自分も番組を観ながら「あの苦労して訳した部分、バッサリ切られている・・」となることもしばしばあります(苦笑)。でもそれが充実した内容を生むための「糧」となるわけなので、決して無駄ではないということも理解しています。演奏活動において無駄な練習や無駄なステージが無いのと同じではないでしょうか。

 

このお仕事に携わる度に、制作会社の方々のお仕事ぶりを見て自分の音楽に取り組む姿勢を改めさせられる気がします。どんな仕事も、傍目から見ているより遥かに大変。それを嫌がらずに前向きに取り組むことが良い結果を生むと信じて頑張っていきたいものです。

 

そして425日はShoot The Diceの大塚ライブ。Welcomebackは久しぶりですが、既にご予約もいただいているようで嬉しい限りです。

 

2019年4月25日(木)

大塚Live House Welcomeback

Jun Saito:Drums 伊谷 希:Guitar 野々口毅:Bass
open:18:30 start:19:00(2ステージ・ワンマンライブ)
charge:¥2.500(予約) ¥2.800(当日)オーダー&テーブルチャージ¥500別
ご予約・お問い合わせはWelcomebackまたはITANI OFFICIAL WEBよりお願いいたします

 


結局何でもあり

 

カツカツのスケジュールが続いた後、今週は呆れるほどヒマに・・と思った矢先に珍しく体調を崩して2日間ほど戦線離脱しておりましたが、幸いにも完全復活致しました。

 

でも何もしていなかったわけではなく、スタジオ入りして4/25に向けての機材調整を。マイアンプ、マイペダルボード持参での音出しは久しぶりでした。 

現在所有のMESA Transatlanticアンプ(生産終了モデル)、久々に弾いてみると流石の迫力。このアンプは比較的低出力(15W/30W/40Wの切り替えが可)なのに音圧があるのが売りのようで、僕が参加するようなバンドでは最も低出力モードでもうるさいぐらいの「押し」があります。最高出力でフルアップなどしたら、少なくとも通常のライブハウス規模では周りから袋叩きに遭うことは間違いない音量です。

 

念のため、録音/録画して自宅で聴き直してみましたが、「これでロックの王道をかましたら最高だろうな〜」と惚れ込むサウンド。でもSTDのライブではどうなの?と聞かれると「大丈夫かな・・?」という部分もあります。こうなると、またDV Markのモデリング・アンプの登場となるかもしれません。多くの有名な欧米のジャズ/フュージョン系ギタリストたちがDV Markにシフトしている理由が改めてわかった気がします。 

 

エレクトリック・ギターの音作りは難しいものです。たった一つのジャンルに特化したプレイヤーなら「良い音」の定義が見つけやすいのかもしれませんが、あらゆるジャンルに対してオーセンティックでかつ自分にフィットした音を、一つの機材システムで作り上げようとするのはなかなかの課題となります。結局、突き詰めてしまえばエレクトリック・ギターの「良い音」の定義などジャンルやスタイルによって「何でもあり」になってしまうのですね。弾いている本人さえ納得していれば、本人のプレイ次第でどうにでもなるのでしょう。

 

・・と、わかり切ったことを再確認したところで(←ではなんのために書いたんだ)、4/25も目いっぱい演奏します。

 

2019年4月25日(木)

大塚Live House Welcomeback

Jun Saito:Drums 伊谷 希:Guitar 野々口毅:Bass
open:18:30 start:19:00(2ステージ・ワンマンライブ)
charge:¥2.500(予約) ¥2.800(当日)オーダー&テーブルチャージ¥500別
ご予約・お問い合わせはWelcomebackまたはITANI OFFICIAL WEBよりお願いいたします

 

 

 


生ハンバーグとレッスン

さて、昨331日のShoot The Dice本八幡ライブの前後から取り掛かっていた別件のお仕事が予想以上の反響をいただくこととなり、先週は同じ件での追加依頼や追々加依頼が週末まで相次いで・・・寝る間を削っての突貫作業となりました。信頼され、お仕事を任されるのはこの上なく嬉しいことですが、今週からはまた練習、作曲や教材作りにも時間を割いていきたいものです。

 

このお仕事に関しては、今月の後半に公表できると思いますのでしばしお待ちを・・(←誰も待っとらんのでは・・?)

今日は午前からレッスン。受講を開始した当初は予想もしなかった熱意を示すようになった生徒さんが、当初は予想もしなかったレベルにまでスキルアップしてきたのは嬉しい「誤算」。この調子でいけば、あらゆるシーンで活動できるようになるかもしれません。

通常、プライベート・レッスンはいわゆるリハーサルスタジオで行なうことが多いのですが、なぜか多くのスタジオでは一つの部屋にRoland Jazz Chorus JC-120Marshallのスタック・アンプ(大抵JCM 900)という2台のギターアンプが常設されています。この場合、生徒さんがJC-120を使いたいと言えば、当然ながら自分がMarshallを利用することとなります。ロック系のアンプとして未だベンチマークのひとつであるMarshallですが、ギターレッスンではどうも扱いづらく、できればFenderのコンボアンプまたはJC-120(←これもあまり好みではないのですが)などを使用したいのですが、お店の都合でなかなかそうもいかない時があります。

その昔、ギタリストのカルロス・サンタナがMarshallアンプの音を「Raw hamburger Rock’n’Roll sound(生ハンバーグのようなロック・サウンド)」と絶妙に表現していましたが、本当にその通りではないかと思います。特に今日のレッスンで持参したFender Stratocasterを接続すると、少なくとも自分はなにを弾いていても「Burn」か「Black Night」にしか聴こえません(←リッチ−・ファンはごめんなさいっ・・というか、年寄りネタでごめんなさいっ)。様々なジャンルを教えることのある自分の場合、もう少し多彩な音色が作れるアンプで教えたいのですが、状況に合わせてレッスンを行なうのが自分の「強み」でもあると考えて、なるべくオールジャンル的に音色を作り出せるよう奮闘しています。 



いつかは「ストラトとマーシャルで作れるジャズの音」などというワークショップを行なったりして・・・(←誰も求めとらん)

機材や音作りのご質問や疑問のある方はこちらからどうぞ: 

http://itanimusic.com/contact.html


今月の後半は、早くもShoot The Diceの次回ライブです。今から頑張って仕込まねば。皆様のご来場をお待ちしております。 

 

2019年4月25日(木)

大塚Live House Welcomeback

Jun Saito:Drums 伊谷 希:Guitar 野々口毅:Bass
open:18:30 start:19:00(2ステージ・ワンマンライブ)
charge:¥2.500(予約) ¥2.800(当日)オーダー&テーブルチャージ¥500別
ご予約・お問い合わせはWelcomebackまたはITANI OFFICIAL WEBよりお願いいたします

 

 

 


calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
PROFILE
ギタリスト・コンポーザー・音楽講師。

幼少よりよりドイツ在住。ミュージカル、ビッグバンド、ブルース、ハードロックからスイングジャズまでのサポートを務める傍ら、自己のバンド「ITANI」でヨーロッパ諸国にて活動。

1997年に帰国。「ITANI」を再結成する。今まで計3枚のアルバムをリリース。最新アルバム「Station To Station」は海外のプレスからも絶賛される。現在、AmazonやiTunes Storeにて好評発売中。

http://itanimusic.com/

LIVE SCHEDULE

2019年3月31日(日)
SHOOT THE DICE - Afternoon Show
本八幡Cooljojo

2019年4月25日(木)
SHOOT THE DICE
大塚Live House Welcomeback

selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM