面接で落とされたギタリスト・・・?


なんだかんだでバタバタした日々が続いています。来月に入るとまたヒマになる予感もするのですが・・・

 

昨日は午前からアコースティックのリハ。今のところガットギターとヴォーカルの二人だけなので、リハはカラオケ店で行なうことが多くなっています。たまに隣の部屋から「??」という歌声が聞こえてきたりするのがアレですが(汗)

 

このユニット(←今後はメンバー増やす予定)では、久々に「バンド」らしくリハーサルを重ね色々と話し合って作り上げていく形で動いていて、それが充実感に繋がっているのが魅力です。まだ始まったばかりですが、ステージに立つ頃(コロナが収束する頃?)には相当面白くなっていると思うので楽しみです。

 

ただ、現状下ではディスタンスを守る必要もあり、どうしてもリハ風景が「面接で落とされたギタリスト」に見えてしまうのが冴えませんが・・・

(−_−;) 

 
 
午後に帰宅してリハの「宿題」を済ませて、夕方からはエレクトリックに持ち替えて「G-S-M」のレッスン。生徒さんの志向がどんどん多様になってきているのが伺われます。この日の課題は  
 
ボサノヴァ(←ロックな生徒さんがすごい意欲で取り組んでいます)  
 
80年代フュージョン(←30代の生徒さんがどハマりの様子)  
 
それと60年代ロック(←これも若い生徒さん) 

皆さん「正しい練習法がわかれば何でもこなせる!」と、自らどんどん新たなジャンルに挑戦していくので本当に教え甲斐があります。 

 
「G-S-M」についてはこちら

 

そして本日は自宅訪問レッスン。こちらはまたアコースティック。仕事でもギターを使う生徒さんですが、最近は「今はもっと自分自身の向上のためにトレーニングしたい」ということで、ジャズ・バラッドなどを無伴奏でこなす練習プログラムを組んでいます。

 

個人的にはジャズをアコースティックで弾く場合はナイロン弦が好みなのですが、生徒さんの利用したいギターのタイプに楽器を合わせることにしています。 

 

明日はヘヴィメタル系とブルースのレッスン。我ながら、よくここまで伝授するジャンルの幅が広がったものだと・・・ 

 
パーソナルレッスンについてはこちら

 

まだまだ世間は落ち着きませんが、万全な安全対策で取り組んでいきます!携わる一人ひとりの音楽への情熱に報いるためにも。

 

2020年10月29日(木)

SHOOT THE DICE

Jun Saito: Drums、伊谷 希:Guitars、野々口 毅:Bass

大塚Live House Welcomeback

open:18:30 start:19:00  close:22:00

charge: ¥3.000(予約) ¥3.300(当日) 別途order(テーブルチャージ無し)

学生割引価格:¥1.600

 

 


「心の糧」として(9/6のライブ後記)

 

9月6日のShoot The Diceライブ、素晴らしいオーディエンスに応援されて終了いたしました。 

稲毛Apolloでの出演は今回が2回目。今年の頭に初めて出演した際にはほぼ満席で大いに盛り上がり、その場ですぐに2回目のステージが4月に確定したのですが・・・コロナの影響でキャンセルとなり、今回ようやく振替を行なうことができました。 

 

 

(上記2枚の画像は、野々口毅氏のブログより拝借しています) 
 
まだまだ安全対策を厳守しなければならない状況のため、今回は30人限定という公演。それでも予想以上に多くの方々が、前回同様の熱気で我々を迎えてくださりました。間違っても「スムースジャズ」的な内容ではないSTDのパフォーマンス。でもリスナーが1音1音を食い入るように追ってくださり、曲が終わると大きな拍手と歓声が起こる。ご来場の皆様に笑顔があふれる。ご来場のお一人おひとりが毎日のように厳しい現状と向き合って戦っておられる中、衣食住とは別の次元で我々の音楽を「心の糧」として、明日を頑張るエネルギー源としていただけたのであれば幸せです。本当に、本当にありがとうございました。

 

Apolloはステージが広くないため、機材は最小限で挑みました。アンプは「DV Mark」のモデリングアンプをミキサーに直結で。 

 

アコースティックギターは、このバンドでは定番となりつつあるAntonio Sanchezのエレガット。 

 

そして、今回はモディファイから戻ってきたばかりのこれを投入。80年代後半にESPヨーロッパ社で購入した「S-800」というシリーズ。手を加えたことが功を奏し、大活躍してくれました。 

今回のライブにお越しいただいたお客様の一人が終了後に「そのギター、800シリーズですよね?実は自分も同じモデルを持っているんですよ!」と。しばらくギター談義で盛り上がりました。

 

ライブが終わってすぐに次回の日程も確定。また改めてお知らせいたします。

 

次回のSTDステージは10/29に大塚で開催いたします。引き続き応援よろしくお願い致します!

 

2020年10月29日(木)

SHOOT THE DICE

Jun Saito: Drums、伊谷 希:Guitars、野々口 毅:Bass

大塚Live House Welcomeback

open:18:30 start:19:00  close:22:00

charge: ¥3.000(予約) ¥3.300(当日) 別途order(テーブルチャージ無し)

学生割引価格:¥1.600

 

 


「こんなのはじめて〜」

 

80年代にブレイクしたアメリカの「Winger」というロックバンドが2010年にリリースした「Deal With The Devil」という曲の歌詞に、「Party all night, sleep all day. In a Rock’n’Roll heaven there’s hell to pay (夜通しパーティー、昼間は寝過ごす。このロックンロール天国の代償はでかいぜ)」という一節があります。 

 
いたな〜、80年代にはこういう先輩ミュージシャン・・・浴びるほど飲んで、午後まで寝ていて、夜はセッションかライブ。その後はまた浴びるほど・・ 
 
 
・・あの人たち、今はどうしてるんだろ・・・・ 
 
 
今の年齢になってもこの歌詞の通りの生活を続けていたとしたら、寿命が縮まっていることはほぼ間違いないのではと思います(苦笑)。今の時代はミュージシャンという職業でも朝から仕事を始めて、ある程度は生産性の高い生活のリズムが求められているのではないでしょうか。 
 
とはいえ、今週はさすがにちょっと毎朝が早すぎたような・・?連日、早朝からリハーサルやレッスンが入ったことで、早い時には6:00時起床。でも夜のレッスンなどは、遅い時には23:00時ごろまで教えていることも。5時間程度しか寝ることができない日々が続くとさすがに少々キツくなってきます。トシを取ると睡眠が少なくて良いなどという説はウソです(←キッパリ)。眠いもんは眠い(←そりゃそうだ)。 
 
そのような中、今週はある「初体験」をすることに。なんと生まれて初めてカラオケ店。本当に人生で一度もカラオケに行ったことのない自分にとっては「いや〜ん、こんなのはじめて〜」の世界(←お前はアホか)。 


 
もちろん、歌うためではありません(←僕がカラオケで歌い始めたら、慈悲深く射殺してください)。現在、水面下(?)で進行中のアコースティック企画のリハーサルです。 

 

一緒に入ったメンバー。いつも元気でノリノリ。もちろん安全対策は怠りません。 

 

 

リハスタより安くてドリンクバー付きという条件に釣られて入りましたが、意外と隣接する部屋の音が聞こえるのですね。右隣は女の子が2〜3人で歌っていて、左隣の部屋では誰がフルートの練習をしていて・・・・・まだドイツ在住時にケルン音楽大学を訪れた際、校内トイレの右の個室でクラシック声楽科の学生が発生練習を、左ではジャズ科のドラマーがトイレのブラシでスネアワークのシミュレーションを行なっていて落ち着かなかったことを思い出しました(←どんな比較をしとるのだ)。 
 
リハはなかなか順調に進んでいて、細部までとことん話し合って詰めていくことができる充実のチームワークが生まれています。今は色々と不自由な時代だからこそ、じっくりと時間を取ってバンド独自のカラーを確立させるべく頑張りたいものです。まだしばらくかかると思いますが、既に今から本始動が楽しみです。 
 
 
ただ、ハードルが結構高い。たくさん練習せんといかんな、これは・・・ 
 
 
9月上旬にはShoot The Diceの千葉・稲毛ライブです。緊急事態宣言でキャンセルとなった4月公演の振替となります。安全第一で行ないますのでぜひお越しください。  

 
2020年9月6日(日)

千葉・稲毛APOLLO

start:18:30

charge:3.000円(+オーダー)

千葉県千葉市稲毛区稲毛東3-20-8、4F(JR稲毛駅西口より徒歩1分)

カラオケアーサーの店内よりエレベーターで4Fへ

ご予約・お問い合わせ:043-307-9929

ITANI OFFICIAL WEBからもお問い合わせいただけます

 

 


calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
PROFILE
ギタリスト・コンポーザー・音楽講師。

幼少よりよりドイツ在住。ミュージカル、ビッグバンド、ブルース、ハードロックからスイングジャズまでのサポートを務める傍ら、自己のバンド「ITANI」でヨーロッパ諸国にて活動。

1997年に帰国。「ITANI」を再結成する。今まで計3枚のアルバムをリリース。最新アルバム「Station To Station」は海外のプレスからも絶賛される。現在、AmazonやiTunes Storeにて好評発売中。

http://itanimusic.com/

LIVE SCHEDULE

2020年6月24日(水)
SHOOT THE DICE
大塚Live House Welcomeback
selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM