1〜2月のライブは

SNS等では年初のご挨拶をちょっとさせていただきましたが、その後は色々な作業に追われて、本ブログではすっかりと年が明けてしまいました。1月も中旬となり、書きたいことはいっぱいあるのですが、ゆっくりとまとめる時間が無く・・・自分としては珍しいのですが、今回は告知のみとなります: 

 

2018126()「名前のない音楽会Vol.2

下北沢「風知空知

出演者:今村つばさ、杉原徹-TE'TSU山本圭美(まみ)with ROKKA-KOOSTIX(←このバンドで出演いたします)

open18:30時、start19:00

charge:前売3.500円(+drink)、当日4.000円(+drink

ご予約は店頭またはITANI OFFICIAL WEBからもメールにてお受けしております

ROKKA-KOOSTIXの出演は1番手を予定しております
 
 
2018年223() SHOOT THE DICE
Jun Saito:Drums、伊谷希:Guitar、野々口毅:Bass
open:19:00時 start:19:30時(2ステージ・ワンマン、入替無し)
charge:¥3.000(+order)
ご予約・お問い合わせ: TEL 03-3395-7611 またはITANI OFFICIAL WEBからメールにて
極上のジャズ・フュージョンをお楽しみいただけます。お見逃しなく! 
 
では皆様のお越しをお待ちしております! 
 
 
 
近々、記事のほうも更新せねば・・・(汗)

自信や喜びに溢れて(今年のレッスンを振り返って)

今年も残りわずか。本日の深夜レッスンをもって、年内のギター・レッスンは全て終了しました。今年のレッスンの「トリ(?)」が、受講歴の最も長い生徒さんであったことは偶然でしょうが、何か感慨深いものがあります。


今年も、あらゆるスタジオや受講者宅などを飛び回ってギター・レッスンを行なってきました。多くのスタジオのスタッフとはすっかりと顔馴染みになり、僕が予約を入れた生徒さんより先に到着しても皆「イタニさん、もうスタジオ空いていますのでどうぞ〜」と、まるで僕が予約を入れたような扱い(笑)。同じスタジオに連日で通うことも多々あります。楽器や資料、置いておけないかな・・・(苦笑)。


受講者数も今年は増えて、取り組むジャンルも今まで以上に幅広くなりました。ヘヴィメタルしか弾かなかった生徒さんがブルースにチャレンジするようになったり、ハードロック命だった受講者がジャズのスタンダードをソロで弾けるようになったり、ドレミファソラシドを弾くことから始めた生徒さんが、今ではマイク・スターンやパットメセニーの楽曲をマスター出来たり。

70代半ばの「新人」生徒さんもいます。元気いっぱいに「そうそう、これが学びたかった!来年からはもっとレッスン回数を増やしたいな!」と意欲満々です。

もちろん、上達には壁もあります。努力も必要でしょう。でも、それも「楽しみ」や「充実感」に変えてしまうことの出来る生徒さん達を応援することには、何事にも代えがたいものがあります。


今の時代、レッスンを受ける意義は何でしょうか。単に「テクニック」や「知識」をマスターするだけではなく、「学び方の技術」を学んでもらうことが大切なのではないかと、個人的には考えています。「学び方を学ぶ」のは、実は簡単な事ではありません。でも、それを理解したギタリストは、とても効率よく自身のスキルアップを図れるだけではなく、自分自身でも想像できなかったレベルや奥深さで楽器演奏に取り組めるようになります。単に「曲を弾く」「憧れのアーティストの真似が出来る」などに止まらず、「アーティスティックに表現できる」「自身のプレイで周りを動かす」までをマスターしていく生徒さんの表情は、自信や喜びに溢れているように見えます。これからも、更なるカリキュラムの充実を目指して自分も頑張りたいものです。


年明けは、既に2週目から多くの予約が入っています。年末は新たな課題も仕上げないと・・・

生徒の皆さん、今年もお疲れ様でした。来年の更なる上達を楽しみにしています。頑張ってください!


年末年始は、自分も練習せんとな・・・(汗)

 

 

1月のライブのお知らせです:

 

2019126()「名前のない音楽会Vol.2

下北沢「風知空知

出演者:今村つばさ、杉原徹-TE'TSU山本圭美(まみ)with ROKKA-KOOSTIX(←このバンドで出演いたします)

open18:30時、start19:00

charge:前売3.500円(+drink)、当日4.000円(+drink

ご予約は店頭またはITANI OFFICIAL WEBからメールにてお受けしております

出演順などは近日発表いたします 

 

 


壁を越えて楽しむ(12月15日ライブ後記)

1215日の伊谷希・仁村茂アコースティック・デュオ・ライブ、公演1ヶ月前に決まったステージだったにも拘らず、皆様にはお越しいただき心より感謝申し上げます。遥か遠方よりの方々も多くご来場され、本当にありがとうございました。

 

急きょ決定したライブだったこともあり、演奏曲目についてはギリギリまで調整を続けたため、事前には殆ど公表しておりませんでしたが、お越しいただいた皆様には楽しんでいただけたようでホッとしております。

 

「とにかく楽しめるものをやろう」と二人で候補曲を無責任に(?!)選んでいった結果、ジャズ、ハワイアン、歌謡曲、演歌などヤミ鍋のようなセットリスト(←どんなんだ)となってしまいましたが、結果としてそれが面白いステージに繋がったのではと感じています。もちろん、各曲をこのデュオならではのアレンジに「仕立て直して」お届けしたのですが、特に歌謡曲や演歌の曲目のリアレンジングはお客様に「こんな風に変わるとは!とても面白かったです!」と好評をいただけたようです。仁村茂のヴォーカルも大好評でした。このデュオはしばらく続きそうです。ぜひまたご来場ください。 



個人的には今回のアコースティック・ステージで、いつも使用しているOvationのエレクトリック・クラシック(いわゆる「エレガット」)に加えて、Takamineのエレクトリック・アコースティックの「ステージ・デビュー」も行ないました。ナイロン弦とスチール弦の2台を使い分けてのライブはなかなかチャレンジングと感じたのですが、結果は予想以上に良かったので、今後もまたトライしていくつもりです。 



音楽には「国」や「人種」などの壁は無いと、僕はいつも考えています。以前、ドイツ在住時に参加していたバンドのひとつはフランス系黒人、ギリシャ人、トルコ人、アフロ・アメリカンそして日本人(←自分)という編成から成り立っていて、いつも素晴らしく盛り上がるステージとなっていました。「ジャンル」についても同じで、一つの音楽ジャンルに絞らねばならないという「ルール」などありません。今回のデュオ・ライブは、正にジャンルの壁を越えて皆様に楽しんでいただけたステージとなったように思います。ぜひ、今後とも応援よろしくお願いいたします。


さて、来月‐ということは年明けとなりますが‐の126日には、またアコースティックなステージをお届けいたします。このイベントではROKKA-KOOSTIXのメンバーとして参加いたします。70年代〜80年代の有名なロック・ナンバーを、全てジャズやラテンにリアレンジして、アッと驚くヴァージョンでご紹介するバンドです。お見逃しなく!
 

2019126()「名前のない音楽会Vol.2

下北沢「風知空知

出演者:今村つばさ、杉原徹-TE'TSU山本圭美(まみ)with ROKKA-KOOSTIX(←このバンドで出演いたします)

open18:30時、start19:00

charge:前売3.500円(+drink)、当日4.000円(+drink

ご予約は店頭またはITANI OFFICIAL WEBからメールにてお受けしております

出演順などは近日発表いたします 

 

 

 

 


calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>
PROFILE
ギタリスト・コンポーザー・音楽講師。

幼少よりよりドイツ在住。ミュージカル、ビッグバンド、ブルース、ハードロックからスイングジャズまでのサポートを務める傍ら、自己のバンド「ITANI」でヨーロッパ諸国にて活動。

1997年に帰国。「ITANI」を再結成する。今まで計3枚のアルバムをリリース。最新アルバム「Station To Station」は海外のプレスからも絶賛される。現在、AmazonやiTunes Storeにて好評発売中。

http://itanimusic.com/

LIVE SCHEDULE

2017年11月23日(木、祝日)
SHOOT THE DICE
西荻窪Terra

selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM