バケモノはバケモノでも・・・

 

今週はShoot The DiceSTD)のリハーサルでした。いつもながら、Jun Saitodrums)と野々口毅(bass)との音出しは、他ではない緊張感があります。彼らが「バケモノ級」のミュージシャンであることに加えて、僕自身の音楽人生では本格的に取り組んだことのない「トリオ編成のインストゥルメンタル・ミュージック」であることなどが、演奏のハードルを思い切り上げているからでしょう。

 

今回のリハは自分にとっては反省点が多く、課題が残ることとなりました。音楽的な詳細は省くとして、一言で説明するなら「自分の詰めが甘い」。これに尽きます。

 

基本的に無精者の自分は、常に何らかの「お題」を自分に課していないと何もしなくなる傾向があり、一日中でも映画のビデオを観ながらダラダラしていられる人間です。だから、いつも何かしらの目標や緊張感を保つようにしているのですが、ついつい煩悩が勝ることもあり・・・。STDには演奏のこととなると、どんな些細な事でも見逃さない(聴き逃さない)メンバーが揃っているので、少しでも手を緩めると痛い目に遭うのです。ちなみに、これは飽くまでも「手を緩める」という話です。万が一「手を抜く」などの場合には、速攻でバンドから追放される可能性もゼロでは・・・(汗)

 

音楽に限らず、何かを極めた人たちの真の才能とは「努力できる才能」であるとよく言われます。前述の二人の演奏が「バケモノ級」であることは、彼らが演奏を極めるために「バケモノ級の努力」を行なっているからに他ありません。前回のリハで自分の演奏に至らなさが見られたのは、自分の努力がそれに及ばなかったからであろうと反省している次第です。楽器は正直。楽器は嘘をつかない。ほんの少しの気持ちの緩みが確実に音に反映される。気を引き締め直したリハでした。

 

次回のステージまであと数週間。それまでには確実にかませます。お楽しみに。

 

ちなみに、9/6のライブではいつもとは異なる楽器を導入するかもしれません。今日はモデリング・アンプとの調整もクリア。本番が楽しみになってきました。


 


今年の春に行なったステージの動画を改めてご紹介。まだご覧いただいていない方はぜひ。 

 

 

 

201896日(木)

TRIO × TRIO Special Live! - 西岡治彦Band & SHOOT THE DICE

大塚Live House Welcomeback

SHOOT THE DICE - Jun SaitoDrums 伊谷 希:Guitar 野々口 Bass

西岡治彦Band - 西岡治彦Guitar & Keys 村松Bob拓典:Bass 坂上賢時:Drums

open1830時、start19:00時(両バンド合同セッション・ステージ有)

charge:¥3.000+table charge 500order

ご予約・お問合せはWelcomebackまたはITANI OFFICIAL WEBよりお願いいたします

 

 

ベテランのミュージシャンたちによる、異なる二組のトリオ・ミュージックを楽しめる贅沢なイベントです。ラストの合同セッション・ステージも絶対に見逃せません!

 

 

 


ご来場者のみが知っている(7/19のステージ後記)

猛暑の中、719日のShoot The Diceライブは涼しく冷えた西荻窪Terraのエアコンをオーバーヒートさせんばかりの熱いステージで終了しました。お越しいただいた皆様、ありがとうございました!

 

今回のライブは、事前にバンドが少々ハプニングに見舞われたため(←ご来場された方々のみが知っているシークレットです〜)メンバーの会場入りが大幅に遅れ、リハーサルの時間が15分しか確保できませんでした。ところがその反動か、演奏のテンションはMAX。今までにない新鮮でパワフルなパフォーマンスをお届け出来たのではと感じています。ご来場くださった方々にはただただ感謝です。

 

 

(画像:お客様よりご提供)   

  

考えれば、自分は数十年にに亘る活動において様々な世界的プレイヤーを観て聴いてきました。また、ヨーロッパでも日本でも、本当に多くの素晴らしいミュージシャンと共演する機会に恵まれてきました。その中で自分なりに感じてきたのは、地域、国籍、年齢、性別などあらゆることに関係なく、どこにいても「ワールドクラス」のミュージシャンに巡り合い共演できた時の感動は同じだということです。そしてこのバンド「Shoot The Dice」では、自分は明らかに「ワールドクラス」のリズムセクションと共演している。その感動を再確認できたステージでもありました。  

 

自分が偉そうに中心を占めていますが、これはボス(左のお方です)が「今回はイタニが真中に!」と言われたので「ハイっ」と・・・
 

ライブ会場には、普段はハードロックやヘヴィメタル以外はあまり聴かないというお客様もおられたようです。でもSTDの演奏を聴きながら「凄い」「カッコいい」「自分もあのように弾きたい」などとコメントされていたとのこと。ミュージシャン冥利に尽きるお言葉に押されて、更なる進化を目指していきます。

 

次回は96日(木)。仲良くさせていただいているギタリスト、西岡治彦氏のバンドと大塚でのジョイント・ステージです。これは恐ろしく濃いイベントとなる予感が・・・

 

201896日(木)

TRIO × TRIO Special Live! - 西岡治彦Band & SHOOT THE DICE

大塚Live House Welcomeback

SHOOT THE DICE - Jun SaitoDrums 伊谷 希:Guitar 野々口 Bass

西岡治彦Band - 西岡治彦Guitar & Keys 村松Bob拓典:Bass 坂上賢時:Drums

open1830時、start19:00時(両バンド合同セッション・ステージ有)

charge:¥3.000+table charge 500order

ご予約・お問合せはWelcomebackまたはITANI OFFICIAL WEBよりお願いいたします

 

 

ベテランのミュージシャンたちによる、異なる二組のトリオ・ミュージックを楽しめる贅沢なイベントです。ラストの合同セッション・ステージも絶対に見逃せません!

 

 


昭和の内職??

719日の次回SHOOT THE DICE(STD)ライブまで2週間を切った今日。ここになってようやく、前回のステージでノノさんことベースの野々口毅氏が撮ってくれた動画の編集が完了しました。

なぜここまで掛かったかというと、引っ越しのためしばらく仕事機材が使えなかったこともあるのですが、それより2ステージ分の動画データをPCに取り込むのが大変で・・・。
近年の録音録画機材はどんどんコンパクトになり品質も向上していますが、その分データ量も膨大となります。編集過程でPCのメモリがパンパンになり、処理速度の遅いこと遅いこと(泣)・・・聞くと、ノノさんも元データをアップロードしてくれるために夜通しでPCを稼働し続けたとか。昭和初期の内職か、これは・・・(←イメージしづらい)

そのような悪戦苦闘の末、やっと4分強のサンプル動画にまとめることが出来ました。ぜひご覧ください。


STDは今まで僕が追求してきたスタイルとは異なり、インタープレイや即興でのコミュニケーションに大きなウェイトを置くバンドです。ステージ毎にその場でのインスピレーションと感性で七変化していく演奏とサウンドは、過去に参加してきたバンドの中でも最もチャレンジングなユニットのひとつであることは確かです。STDに限っていえば、自分が今まで築き上げてきた「ルール」や「形式美」などをいったん捨て去って取り組むこともしばしば。そこまでしてもこのバンドに参加するのは、ワールドクラスのミュージシャンとの共演を通じて、自分がプレイヤーとしてもひとりの人間としても今までたどり着けなかった次元にまで成長出来るという確信があるからです。

リスナーの皆様にとってのSTDは、幾度ライブにお越しいただいても毎回新たな「音楽のドラマ」に出会えるバンドです。同じ曲でも、その日のステージで生まれた・・・いや、その日のステージでしか生まれない「新曲」として楽しんでいただければ幸いです。ぜひ生で体感してください。 

 

2018 年7月19日(木)西荻窪Live Spot Terra
SHOOT THE DICE

Jun SaitoDrums 伊谷 Guitar 野々口 Bass

open19:00時、start19:30 2ステージ入替無し)

charge:¥3.000+order

ご予約はLive Spot Terraまたはメンバーのウェブサイトよりお願いいたします

  

素で裸(5月31日ライブ後記)

 

西荻窪Terraにおける531日のShoot The Diceライブ、とても熱く盛り上がって終了しました。お越しいただいた皆様とお店のスタッフの方々には心より感謝申し上げます。

 

今回はなぜか女性のお客様の比率が多く、我々のコアなパフォーマンスで大丈夫なのかとステージ前には心配しておりましたが(←ある意味失礼な話)、始まってみれば最後まで楽しんでいただけたようで、大変楽しい一晩となりました。本当にありがとうございました。

 

ギター・トリオというかなりの小編成で豊かなサウンドを追求すべく、今回はついに(?)アコースティック系やアームの付いたギターを持参。いかん、このバンドでもだんだん機材が増えてきた・・・

 

幸いにして、アンプのほうは引き続きDV Markのデジタル・モデリングアンプ「Multiamp1台のみ。日本では大手の「パール楽器」社が輸入代理店となっていますが、何と今回はそのパール楽器さんの方がご来場。演奏と機材の両面の話題に花が咲きまた。

 

 

音響設備や楽器製造のトップ・カンパニーなど「わかっている」方々にお越しいただき身が引き締まる思いでしたが、大いに楽しんでくださったご様子で「次回は知人たちも連れてきます」などと嬉しいコメントを。ぜひ、お待ちしております(笑)!

 

しかしこのバンド、経験値もキャリアも音楽的背景も全く異なる3人がここまで持続的に続けられるのはほぼ奇跡。それを可能としているのは、このバンドでは各メンバーが上辺の「カッコつけ」を一切考えず、「すっぴん」のスタンスと全身全霊で音楽と演奏に取り組んでいるからではないかと思います。もしSTDのステージを観に来て「カッコいい」と感じてくださったなら、それは表面的なカッコ良さではなく、奏者の素の、裸の心を感じて受け止めてくださったからではないでしょうか。皆様ご来場いただき、本当にありがとうございました!

 

既にライブ翌日に、次回のライブも決定いたしました。今後も応援よろしくお願いいたします!

 

 

来週の6月8日は、いよいよ西岡治彦/伊谷希アコースティック・デュオの初ライブです!

201868日(金)世田谷区 Gastronomy & Live MusicNEIGHBOR

西岡治彦 / 伊谷希 Acoustic Guitar DuoAcoustic Guitars Evening Vol.1

西岡治彦Acoustic Guitar 伊谷希:Acoustic Guitar

open18:00時 start19:30時(2ステージ入替無し)

charge:¥2.500(予約) ¥3.000(当日)、要2オーダー(1drink1food or 2drink)

ご予約はNEGHBORホームページの予約フォームまたはお電話にてお願いいたします

 

 
そして、決定したばかりのShoot The Diceネクストライブ!

2018 年7月19日(木)西荻窪Live Spot Terra
SHOOT THE DICE

Jun SaitoDrums 伊谷 希:Guitar 野々口 Bass

open19:00時、start19:30 2ステージ入替無し)

charge:¥3.000+order

ご予約はLive Spot Terraまたはメンバーのウェブサイトよりお願いいたします

 
 
 

ITANI OFFICIAL WEBに新たなメールフォームを設定致しました。ライブのご予約などをより簡単に行なっていただけるようになっております。「お問い合わせ/CONTACT」よりお問い合わせ下さい。

  

 

ライブの詳細はこちらから 

http://itanimusic.com/itani_schedule_japanese.html

 

レッスンに関する情報はこちらから 

http://itanimusic.com/itani_lesson_japanese.html


「ヒズミのXXX」は・・・?(4月20日ライブ後記)

ブログの更新がすっかりと遅くなってしまいましたが、昨420日の伊谷希&仁村茂デュオの大塚Welcomebackライブにお越しいただいた皆様、ありがとうございました。このデュオのステージも2回目となりましたが、サウンドやアンサンブルが前回より遥かに良くなり、充実した内容となったように思います。

 

 

ヴォーカルも担当したベースの仁村茂のチョイスもあり、今回もジャズやハワイアンのスタンダードに加えて70年代の歌謡曲やニューミュージックなどをリアレンジしてお届けしました。僕自身が一切体験してこなかった楽曲ばかりなのですが(←完全に仁村の趣味?)、実際に取り組んでみると「当時の歌謡曲などはしっかりと作曲されているな〜」と感じます。メロディやコード進行が考え抜かれているので、いくらでもリアレンジの余地があり、各楽曲の雰囲気を大幅に変えることで「新たな楽曲」として楽しんで演奏することができました。

 

(ステージ画像は、お越しいただいたお客様よりご提供いただきました。 ありがとうございます)

しかし、ここまでアコースティック・ギターを多用するようになるとは・・・「歪みのイタニ」などと呼ばれていたのはいったい・・・(汗)

 

(右がOvationのナイロン弦、左がTakamineのスティール弦)

 

最近は個性的で実力派の様々なミュージシャンと共演する機会が多く、ステージ毎に自分が成長していく感があり嬉しい限りです。この先も、凄腕メンバーとのライブが続きます。

 

今後のライブです:

 

2018 531日(木)西荻窪Live Spot Terra
SHOOT THE DICE

Jun SaitoDrums 伊谷 希:Guitar 野々口 Bass

open19:00時、start19:30 2ステージ入替無し)

charge:¥3.000+order

ご予約はLive Spot Terraまたはメンバーのウェブサイトよりお願いいたします

 

 

201868日(金)Gastronomy & Live MusicNEIGHBOR

西岡治彦 / 伊谷希 Acoustic Guitar DuoAcoustic Guitars Evening Vol.1

西岡治彦Acoustic Guitar 伊谷希:Acoustic Guitar

open18:00時 start19:30時(2ステージ入替無し)

charge:¥2.500(予約) ¥3.000(当日)、要2オーダー(1drink1food or 2drink)

ご予約はNEGHBORホームページの予約フォームまたはお電話にてお願いいたします

 

 

ITANI OFFICIAL WEBに新たなメールフォームを設定致しました。ライブのご予約などをより簡単に行なっていただけるようになっております。「お問い合わせ/CONTACT」よりお問い合わせ下さい。

 


calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
PROFILE
ギタリスト・コンポーザー・音楽講師。

幼少よりよりドイツ在住。ミュージカル、ビッグバンド、ブルース、ハードロックからスイングジャズまでのサポートを務める傍ら、自己のバンド「ITANI」でヨーロッパ諸国にて活動。

1997年に帰国。「ITANI」を再結成する。今まで計3枚のアルバムをリリース。最新アルバム「Station To Station」は海外のプレスからも絶賛される。現在、AmazonやiTunes Storeにて好評発売中。

http://itanimusic.com/

LIVE SCHEDULE

2018年7月19日(木)
Shoot The Dice
西荻窪Live Spot Terra

2018年9月6日(木)
TRIO × TRIO Special Live! - 西岡治彦Band & SHOOT THE DICE
大塚Live House Welcomeback

selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM