これを味わいたくて

 

さて、外出自粛要請などが緩和され、休業要請の撤廃により、人数制限などはありますがライブハウスにおけるイベントも再開できるようになりました。

 

お店によっては既にライブなどを始めているところもあるようですが、いつもお世話になっている大塚の「Live House Welcomeback」は経営が苦しくなっても最後まで律儀に休業要請に応じてきていて、6/21の週から営業を再開することとなりました。生真面目なこのお店が衛生、人数制限、ディスタンスやその他の安全対策を徹底したうえで再開することは言うまでもありません。

 

2月よりブッキングされていたSHOOT THE DICEの6月24日(水)ライブは、Welcomeback営業再開後の初のワンマンライブ・イベントとなります。お店とは長年の信頼関係を築けているからこそ、安心して開催できると判断いたしました。お客様からは既にご予約もいただいており、長らく楽しみにされていた方々のためにも、本当に良いステージにしたいと考えています。

 


以下、オッサンの思い出話になりますが・・・


僕がギターを始めたのは16歳の時です。幼少時にはバイオリンを学んでいたものの、子供の飽きっぽさにより数年で断念。2度と楽器は始めないつもりでした。

ちなみにロックやジャズのプレイヤーの多くは、有名なアーティストの演奏を聴いたことがきっかけで自ら楽器を始めたと聞きます。でも僕の場合はちょっと違いました。

 

ギターを始めるより遥か以前からポピュラーミュージックを聴いていた僕は、10代前半にはコンサート(とはいえ、どちらかというとアイドル・ポップスに近いアーティスト)にも少しは足を運び、色々なバンドのレコード(当時は主にビートルズなど)も聴いていましたが、それらが自ら楽器を手にするきっかけとはなりませんでした。それが変わったのは、当時住んでいたドイツ郊外の町の公民館で行われたライブです。

今とは異なり、自分が10代の半ばだった70年代には「ライブハウス」などはあまり存在しませんでした。そのような中、二十歳前後の「やんちゃなお兄さんたち」から成り立つロックンロールバンドが、地元の公民館を貸し切ってライブを行なったのです。公民館とはいえ、一応きちんとしたステージがあり、ステージ前には幕まで用意されていて、ちゃんとしたコンサート会場として使用できるハコでした。

 

来場者はバンドの友人たちに加えて、イベントのことを聞きつけてやってきた近辺のやんちゃ兄さんたちと地元の学生たち。キャパ200〜300人ほどの公民館は、たぶん半分も埋まっていなかったのではと記憶しています。

 

そしてライブが始まった時。これほど近くで「バンド」を観たことが無かった子供の自分は衝撃を受けました。ステージ中央にそびえたつドラムセットから轟音で叩き出されるグルーヴ。体を揺さぶる重低音を響かせるベース。そして、圧倒的なサウンドやリズムの洪水を浴びせてくる2台のギター。「生のバンド演奏はこんなに凄いのか!!」と、一瞬で虜になってしまいました。

今から思えば、恐らく大した演奏ではなかったと思います(笑)。ただの、地元のやんちゃなアマチュアバンドのパフォーマンス。でもあれが無ければ、ひょっとすると僕はギターを始めていなかったかもしれない。

それから何十年も経った2019年。久しぶりに東京のBLUE NOTEへ。イギリスのスーパー・ドラマー、Simon Phillipsのバンドを観に行きました。1曲目が始まったその瞬間、急に当時のあの感覚がよみがえってきました。とてつもない音圧の揺さぶるようなグルーヴ。それと一体となって叩きつけられるベース・ライン。その上で縦横無尽に繰り広げられるギターとキーボードのハーモニー・リズム・メロディー。音源や動画では幾度も味わってきた彼らのパフォーマンスですが、それとは比較にならない全くの別物。至近距離の生演奏は迫力と説得力で僕を圧倒してきました。

・・・しかも、今回はホンマに凄い演奏・・・(←当り前じゃ)

「そう、僕はこれを味わいたくて演奏を聴き、自ら演奏してきたんだ」と、自分の原点の一つを改めて認識させられたステージでした。

今はいわゆる「新しい日常」「ニュー・ノーマル」などと呼ばれる時期です。その中で「音楽はこれから配信の時代」「動画で音楽を届けることが主流となる」などと述べる人もいるようです。僕は音源も動画も否定するつもりは全くありません(自分でも配信している)。でも、僕が40年以上も演奏を続けてきた理由は「配信専門ミュージシャン」を目指したからではありません。「音の波形」や「動画データ」だけではなく、自らと参加しているバンドが目前で生み出す音の振動や空気圧、そして何よりも同じ空間にいるからこそ伝わる感情表現と説得力をオーディエンスと共有したいからです。

来たる6月24日にはお越しいただいた方々に、当時の僕が感じた気持ちのほんの一部でもお届けすることができて、我々の演奏で「明日からも「何事にも負けずにまた元気で頑張っていこう」というエネルギーを感じてもらえればと願っています。
  

2020年6月24日(水)

SHOOT THE DICE
Jun Saito: Drums、伊谷 希:Guitars、野々口 毅:Bass
open:18:30 start:19:00  close:22:00

charge 3.000(予約) ¥3.300(当日) 別途order(テーブルチャージ無し)

学生割引価格:¥1.600

 


 

 

 


「・・・・」を増やしても・・・・

 

首都圏に緊急事態宣言と自粛要請が発令されてからはや2ヶ月。今日から6月に入りました。少しずつ色々な規制が緩和されつつありますが、音楽に携わる者にとってはまだまだ難しい日々が続くようです。

 

現時点の動きでは、どうやら音楽スクールなどは営業再開に向かっている様子ですが、少なくとも首都圏におけるライブハウスの営業再開許可はまだ先のようです。感染が広まった当初にライブハウスでクラスターが発生したことが少なからず影響しているのではと思われますが、音楽教室の中には極小サイズの部屋でレッスンを行ない、遮音優先で換気が良くない施設も存在することを考えると、「音楽教室はOK、ライブハウスはNG」ではなく、もっと各施設を個別にしっかりとチェックしていただいての判断が必要なのではと考えてしまいます。筆者も希望に応じて対面レッスンを始めていますが、飽くまでも安全対策の条件が確保されている設備での受講しか認めない形で行なっています。

 

・・・とはいえ、ここで不肖イタニが何を書いても特に流れは変わらんのですが・・・(←ならばここまではなんだったんだ)

 

このような状況下において、多くの施設や店舗などが運営資金確保のため、クラウドファンディングを行なっているようです。20年来お世話になってきている都内のライブハウス「Live House Welcomeback」もその1店。自分にとっては東京の「ホームグラウンド」であるだけではなく、あらゆる音楽スタイルや編成での出演を承諾してくれてきたステージです。この20年間にはお店を満杯にしたこともあれば、楽屋から出てくるのがはばかられるほどお客様が少なかったライブも行ないました。それでも、どれほど苦しかった時期でも、お店のスタッフからは必ず「次、いつやりましょう?」と出演を促されてきました。初出演の時からはスタッフのメンバーも幾度も代替わりしてきて、今では当初のメンバーは一人も残っていません。それにも拘らず、アーティストを心からサポートする姿勢と優しさは途切れずにきちんと受け継がれている、自分にとっては素晴らしいお店です。

 

店舗側も出演者側も共に苦しい時期ですが、ここは長年受けてきたサポートを少しでもお返しできればと、自分も支援に参加しました。ファンディング開始後しばらくはそこまで伸びていく感が無く「大丈夫かな・・・」と心配していましたが、期日が近づくにつれてどんどん加速。最後には目標金額を大幅に上回る形での達成となり、やはり皆に愛されているお店なのだなと、自分事のように嬉しくなりました。

 

但し、実際にライブをいつ再開できるかはまだ未確定。お店自体は6/14まで自粛延長となるようです。 

 

実は、このような状況下であまり積極的にはお知らせしてきませんでしたが、以前より6月24日(水)にShoot The DiceのステージがWelcomebackで予定されています。現時点での自粛延長期限からちょうど10日後のスケジュール。微妙だ・・・・・・・・・・どうなるのか・・・・・・・・わからん・・・・・・・誰か・・・・・・・・(←「・・・・・」を増やしても助けは来んのだが・・・・)

 

現時点でできることはただ一つ。このブログをお読みの皆様、6月24日のスケジュールをお含み置きください。そして、それまでに営業再開許可が出て皆様の安全が確保されたら、ぜひ応援をご検討ください。今はこれぐらいの告知しかできません。

 

皆様と直接お会いして、同じ空間を共有しながら、ネットではなく生の音で皆様と通じ合える瞬間が一日でも早く訪れることを願っています。

 

 

現時点での予定です。状況によっては変更の可能性もありますので、引き続き我々のお知らせをフォローしていただければ幸いです。よろしくお願い致します。

 

 


生きる上で大切

 

昨晩はエレクトリック・ハープギターとフレットレスギターの鬼才であり、友人でもあるTim Donahueと久しぶりにZOOMで話をしました。

 

小一時間ほどのつもりだったのですが、お互いに盛り上がってしまい結局は3時間近くも続いてしまいました。ただの茶話会か、これは・・・ 

 

ティムは恐ろしく前向きな思考を持つ人物で、新型コロナ問題で色々な制約がある中でも、ただただ何かを作り続けることに専念しています。この日も、彼の設計によるハープ・ギターのオーダーが入ったので、納品前の調整に終日取り掛かっていたとのことでした。もちろん、演奏やレッスンにも様々なアプローチで取り組んでいる様子が伺われます。 

以前から、僕にも1台売り込もうとするんだよな・・弾けんっつーの・・・  

 

そのティムが、多くのミュージシャンが現在行なっているオンライン配信についてかなり熱く語ってくれました。彼の話をおおまかに要約すると、

 

「ソーシャル・ディスタンスが求められる現状において、多くのミュージシャンがネット配信に力を入れている。中には、今後は生演奏を観に行くより配信が主流となると主張している人もいるようだ。でも、自分はそうは思えない。」

 

「もちろん、今の状況下では致し方のないことだし、自分も演奏を動画でまとめたりしてネット上で提供している。でも、生演奏を目前で聴くことで伝わってくる感動の代わりとは絶対にならないと思う。」

 

「リスナーが演奏家のパフォーマンスを、同じ空間を共有することで得られる感動は、どれほど頑張っても配信では伝わらないと思っている。更に言わせてもらうと、自分が取り組んでいる音楽や演奏内容は、いわゆるコピーバンドやアイドルのステージのように、毎回同じことを再現すれば良いというものではない。その日だけの空間と、その日だけのリスナーとでしか生まれない唯一無二の表現なのだ。自宅できちんと弾いた演奏を配信できても、それは同じものではない。」

 

「世の中には音楽を表面的にしか捉えず、中には『皆も聴いているのだから』『見ることができれば満足』などと、あまり深く考えずにアーティストと向き合っている人々も多くいることは承知している。でも、アーティストから得られる感動にはもっともっと深いものがあることを、自分自身の体験からよく知っている。そしてこの深みは、リスナーの目前で音を届けるアーティストの表現からでしか得られないものであると確信している。」

 

「確かに配信でも「観る」ことはできる。でも音楽はどこまでいっても「聴く」がメインであるべきだ。音が生でない時点で、それは単なる代替品つまり妥協に過ぎない。」

 

「現在のCOVID-19のパンデミックがいつ終息するかは自分にもわからない。それでも、終息に向けて皆で力を合わせて、また音楽家の表現を真の意味で体験できる世界を取り戻せるよう自分は全力を尽くしていくし、皆もそうするべきだと思う。」

 

 

延々と会話を交わしたので色々と抜け落ちている部分もあるかと思いますが(汗)、これらの言葉は僕に重く響きました。確かに、僕自身も同様に感じている部分は少なくないので、とても共感でき刺激の多い会話となったことは確かです。

 

ミュージシャン・シーン以外の世の中では、音楽や他の表現の世界は単なる「付属品」「時間がある時の娯楽」としか考えていない人も少なくないことは僕も認識しています。でもそれは、アーティストが自由な表現を提供している世界を「当たり前」と考えている人たちの勘違いではないかと思います。先日、あるドイツのアーティストが述べていました:

「もし、誰かが『パンデミック下においてアーティストの活動など後回しで良い。彼らは緊急時には大した貢献は行なっていないのだから』と考えているのであれば、その人は書物も映画も音楽もイラストも一切提供されることなく隔離生活に入ってください。間もなく、これらの作品が存在していることが生きる上でどれほど大切かを痛感するでしょう。」

 

現在、多くのライブハウスなどが再開に向けてクラウドファンディングを行なうなどして、多くの方々が支援を行なっています。この素晴らしい動きと同じほど大切なことは、演奏家がこの時期に全身全霊で力を蓄え、終息の折には各会場において今まで以上に人の心を動かすステージ・パフォーマンスを目指すことではないでしょうか。微力ながらも、自分もその目標に向けて日々精進したいと思っています。

  

皆様、引き続き安全にお過ごしください。近いうちにまた会場でお会いできますように。

 

 

今日の話にはオチが無かったですね・・・(←それは誰も求めとらんのでは・・・)


せっかくのええ話が・・

 

相変わらず自宅にこもって作業を行なう日々が続いています。せっかくなので新たな楽曲、コンセプト、新たなレッスンのコンテンツなどを色々と構築していくためにも良い機会ではないかと捉えて、ちまちまと整備や準備を進めています。

 

僕は元々、80年代ごろからギターレッスンのために色々な課題曲を作成してきました。練習用とはいえ、用意したマイナスワンの音源に合わせて演奏すれば、人前で演奏できるようなアレンジが施された楽曲がほとんどです。それぞれの曲には必ず取り組むべき課題があり、「モード」と呼ばれるスケール(音階)の応用、コードワークの習得、または特定のプレイスタイルのマスターなど、ピンポイントのテーマが盛り込まれています。ただ、曲の多くには「Dorian Mode Song」とか「16 Beat Minor Blues」など「そのままやないかっ!」とツッコミが入りそうな、全くひねりのないタイトルが付いているのですが・・・(汗)

 

以前に、プロ志向の若者が数多く入学するスクールで教えていた時のことですが、志は高くてもバンド経験が乏しいギタリストの多くが(中には学園祭のステージが唯一のバンド経験という人も)、経験不足から往々にして自分のみに集中してしまい周りの音やリスナーを度外視するという傾向がありました。そこで「周りの演奏をよく聴きながらプレイする」「自分の思い込みだけでなく、人に伝わるプレイを心がける」といった目標の課題曲をいくつか作成したことがありました。その中に「One For All」という曲があります。

 

「One For All, All For One(一人が皆のために、皆が一人のために)」は世界で良く使われるチームワークのスローガンですが、僕は「One For All」つまり「一人が皆のために」の気持ちがあれば、それが必然的に「皆が一人のために」にもつながるのではないかと考えています。一人一人が共演者のことを考えてプレイすれば、結果として皆が皆に貢献する演奏が生まれる。そのような思いからこのタイトルを付けました(←珍しくまともな発想の課題曲名)。

 

それから何年か経ったある時、元生徒さんの一人から突然「結婚することになったが、披露宴で流す曲を1曲提供してもらえないか」との依頼を受けました。光栄な話だったのですが、どのような曲を・・・と悩んだときに思い付いたのがこの「One For All」。これから家族となっていく一人一人が皆のため、お互いのためを思って生活していけば幸せな家庭が築けるのでは、という思いからこの曲を改めてアレンジし直してプレゼントすることにしました。結果、披露宴では喜ばれたそうでひと安心でした。

 

それからまた時が経ち、現在の社会を見ると、演奏も人生もあまり変わりがないのではと感じます。人は大変な状況下において、自分の身ばかりを案じて周りが見えなくなる傾向があることも。そのような時にこそ「皆」のことを考えて行動したり発言したりすることで、結果として皆が救われていくのかもしれません。社会全体が苦しい中では決して簡単なことではありませんが、日々そのような気持ちを心がけて生活していこうと考えています。

 

「One For All」、再度リアレンジして初めて自分でも弾いてみました。普段のえぐいプレイ(←自分で言うな)とは全く異なる爽やか系ですが(←本当か?・・汗)、このような状況下で少し皆様の気晴らしにでもなれば幸いです。良かったら一度ご覧ください。 

 

 

ちなみに、現在の引きこもり状態の中、自宅の機材を一部リニューアルしたことでようやくこのような動画撮影が可能となりました(←遅いねん)。

 

・・・要は、新しいセッティングを試してみたかったというのもあったので・・・

ヘ(..、ヘ)☆\(゚ロ゚ )セッカクノエエハナシガダイナシニ...
 

 


皆様も引き続き安全にお過ごしください。 


今日は日曜日?(現状にて思うこと)

 

2020年4月現在、メディアでもSNSでも話題は新型コロナウィルスのテーマ1色といった感がありますが、そのような中で外国の友人や知人たちと安否確認を兼ねて情報交換をしてきました。ドイツはもちろんベルギーやテネリフェ島(!)まで幅広く連絡を取ってみましたが、当然ながらどこも似たような状況のようです。でも各国の実情は日本での報道とはまた異なる部分もあることがわかり、参考になりました。

 

そして今日は、音楽仲間であり友人でもあるギタリスト、Tim Donahue(ティム・ドナヒュー)と久しぶりにSkypeで会話。ティムはフレットレス・ギターとエレクトリック・ハープ・ギターという特殊な楽器を自由自在に操る鬼才で、僕のアルバムStation To Stationにも参加してくれています。日本在住ながら、過去にはチック・コリア(p)、ジャン・リュック・ポンティ(vln)、ジョー・サトリアーニ、スティーヴ・ルカサー、マイケル・ランダウやジェフ・ベックと共演し、彼自身のリーダーアルバムにはジェームズ・ラブリエ(vo)、マイク・マンジーニ(ds)、ポール・ロジャース(vo)が参加しているという、考えてみればとんでもないキャリアの持ち主です。 

 

プレイヤー、作曲家(自己のアルバムなどに加えて映画音楽等も)、クラフトマン(彼のハープ・ギターは彼自身の設計によるもの)そして音楽講師も務めるティムですが、当然ながら今回の新型コロナによる自粛要請で彼も自宅に缶詰め状態となっているとのこと。しかし、これについて彼が述べたことが印象的でした。

 

「確かに色々と大変なことはある。でも、我々ミュージシャンはそれでも仕事を行なうことができる。

今のうちに腕を磨いておくことももちろんだが、この時間を利用して徹底的に曲を書いていく。今まで無かったレッスンのカリキュラムを作成していく。自宅からオンラインで音楽業務を行うシステムを一新する。機材の最適化でもいい。やるべきことは山ほどある。時間などあっという間に過ぎる」

 

うん。

 

「落ち込んでいても何も始まらない。他の仕事に就いている人々の中には、現状では本当に何もできずに大変な目に遭っている人も少なくない。自宅にいても自ら仕事を作っていけるミュージシャンはまだラッキーだ。それをありがたいと思わないと」

 

うん。

 

「日本はまだいい。自分の故郷のニューヨークは本当に酷いことになっている。日本の現状に文句を言いたくない」

 

うん。

 

「唯一、ずっと家にこもって作業をしていると曜日がわからなくなる。今日は日曜日だったっけ?」

 

いえ、今日は木曜日(苦笑)。

 

ということで、その後もあーだこーだと1時間以上も話し込んでしまいましたが、色々な意味で刺激をもらえたトークでした。

 

現在、各方面での自粛要請や、スクールやイベントなどが相次いでキャンセルになることの影響からか、ここ最近は一部のミュージシャン(中にはかなり活躍されているアーティストも)からも、やや荒んだ印象のコメントなどが発信されるようになってきた感があります。でも、ミュージシャンたるもの、元々は何もないところから楽器1台(もしくは声のみ)で何かを作り上げて周りに届けてきた仕事。たとえ今までの仕事が減少または消滅しても、また身一つで新しいもの(それが何であっても)を作ればいいのでは?ティムとの会話では、その原点を再認識させられたような気がしました。

考えてみれば自分も、80年代のチェルノブイリ原発事故をドイツから間近で経験して以来、90年の東西ドイツ統一に伴う経済混乱とネオナチの台頭、日本へ越してきてからの3・11東日本大震災やリーマンショックなど、あらゆる形での社会・経済や文化の荒波を経験してきました。そして今回の世界規模の災難。これもいつかは必ず収束する。その時に力尽きていることのないよう、今のうちに次のステップ、活動再開に向けての新たな力とスキルを蓄えておくべきなのでしょう。少しでも弱腰になりかかった自分を反省しました。

 

明日からは(というか、もう日付変わっとる・・)また、曜日もわからなくなるぐらい物事に取り組むようにしましょう。やるべきことがどんどん浮かんできて・・・そうだ、あれも・・・そういえば、あの課題も・・・うわぁ、がんばろ・・・(←影響されやすい単細胞)。

 

皆様、安全第一でお過ごしください!

 

 


calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
PROFILE
ギタリスト・コンポーザー・音楽講師。

幼少よりよりドイツ在住。ミュージカル、ビッグバンド、ブルース、ハードロックからスイングジャズまでのサポートを務める傍ら、自己のバンド「ITANI」でヨーロッパ諸国にて活動。

1997年に帰国。「ITANI」を再結成する。今まで計3枚のアルバムをリリース。最新アルバム「Station To Station」は海外のプレスからも絶賛される。現在、AmazonやiTunes Storeにて好評発売中。

http://itanimusic.com/

LIVE SCHEDULE

2020年6月24日(水)
SHOOT THE DICE
大塚Live House Welcomeback
selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM