「撮る」と「録る」の果てしない違い

 

自粛生活が続く中では時間に余裕があるはずなのですが・・・どうしてもブログの更新は夜になってしまいます。なぜだろ・・・??

 

 

それはさておき、今回は生徒さんが発したコメントをきっかけとした記事です。

 

「いま取り組んでいる課題曲、少しできるようになってきたと思ったので、自宅で練習中に録って聴き直してみたんです。すると、頭から全然きちんと弾けていなくて・・・

ショックで、それからは録音ボタンを押すたびにすごい緊張感で演奏するようになって・・・誰も聴いていないのに・・」

 

先日、ある生徒さんが伝えてくれたこのコメントを聞いて、この生徒さんは確実に上達すると感じました。

 

自分の演奏を録音して聴き直す。これを繰り返す。これは、ギターの演奏スキルを効率よく向上させるために大変効果的なメソッドです。信頼できる講師の下で技術や知識を学ぶだけではなく、自身の練習や演奏を自ら録ってチェックすることは、より早い上達につながります。

 

ギタリストの練習には、特に初期の頃に一つの「落とし穴」が存在します。

 

世の中には数多くの楽器が存在しますが、その中には演奏者が自ら音程をコントロールしなければならないものと、音を出すだけで楽器自体が音程をキープしてくれる構造を持つものがあります。例えば多くの管楽器は、演奏者が吹奏時にリップや舌のコントロールで音程を合わせなければなりません(でないと、例えばバルブが3つしか付いていないトランペットからあれほど多彩なメロディーは生まれない)。また弦楽器でも、バイオリンやチェロなどは周知の通りフレットが付いていないので、自分の指と耳でピッチがキープできなければ曲は成立しません(だから、バイオリン初心者が家にいると、家族はしばらくの間は我慢を強いられることも・・・)。

 

それに対して、ピアノやギターは上手い下手は別として、正確な音程が出しやすい楽器です。たとえメロディーやコードが頭の中で正確に鳴っていなくとも、構造上「こことこことを押さえると(または叩くと)正しいメロディーやコードになる」という「マニュアル」がわかっていれば、取り敢えずは必要な音が正確なピッチで鳴る仕組みとなっています。この違いが、練習や演奏時に大きな影響を与えます。

 

「正しいマニュアル」があれば、メロディーやコードとしてある程度は成立する。そのため、自分が良し悪しを判断しなくとも楽器が勝手にちゃんと鳴ってくれるという勘違いに陥りやすいとも言えるのです。そしてこれにより、一部のギタリストは演奏中に

 

「正しく鳴っているはず」→「きっと正しく弾けている」→「うん、正しく鳴っているぞ!」という「思い込み」にまで達してしまうこともあります。

 

つまり、本当は正確に弾けていなくとも「正しく押さえている=正しく鳴っているはず」という方程式を信じすぎて、自分の耳でチェックしながらプレイするという、本来ならば当たり前であるべき確認を無意識のうちに放棄してしまい、きちんと弾けていない部分も弾けているように思い込んでしまうことがあるのです。普段から自らの演奏を聴き直すことに慣れていないプレイヤーが自分のプレイを録音して聴くとショックを受けることがあるのは、リスナーの立場から自分の演奏結果を聴くことで演奏中の「思い込み」の部分が剥がされてしまうからです。でもこれを繰り返していくことで、自らの演奏中にもどんどん客観的にプレイを聴くことができるようになり、より効率的な練習と上達を目指せるようになるのです。

 

録音媒体はレコーダーでもスマホのアプリでもOK

 

ここで大切なポイントは「録音」することであり、「録画」することではないということです。近年はSNSなどに上げる目的で、演奏の動画撮影を行なう人が増加しているようです(僕もたまにやっています)。しかし、上達を目標とするならば、これは必ずしも正しい方法とは言えないのではと考えています。

 

人間の五感の中で、最優先されるのは視覚と言われています。例えばカレー料理が紫色だったり、ハンバーグが青色だったら、たとえすごく美味しかったとしても躊躇する人は少なくないと思います。視覚-味覚だけではなく視覚-聴覚の関係においても、多くの人々の場合は視覚経由での刺激のほうを無意識に優先させてしまいます。

 

以前、ある生徒さんが「動画サイトで見つけたこのギタリスト、とても才能があって凄いと思うのですが」とリンクを紹介してくれました。ところが僕が観たところ、別に下手ではないものの特に突出したものも感じられない。ただ、見た目のパフォーマンスはとてもカッコいい。そこで生徒さんに「試しに、同じ動画を画面だけオフにして音のみを聴いてみたら」と提案したところ、後に生徒さんから「このギタリスト、普通ですね・・・」とのコメントが返ってきました。視覚が聴覚を上回る良い例かもしれません。

 

自分の演奏を周りに発信するには動画を「撮る」。でも、演奏向上のためのツールとしては音のみを「録る」。スキルアップを目指す手法としては、「撮る」と「録る」の間に果てしないと言えるほど大きな違いがあることを念頭に置きながら練習に取り組むと良いのではないでしょうか。


 

今回の投稿に関する質問やお問い合わせは、以下のリンクからご一報ください。お返事を差し上げます。

http://itanimusic.com/contact.html

 

 

皆さんと再会して心おきなく一緒に音を出せる日が一日でも早くやってくることを願っています。

 

 


大人の方々(セッションやら講座やら)

 

さて、昨2月6日の怒涛のShoot The Diceライブが終了した翌日からは、全く異なる形でのお仕事でした。

2月7日は、西荻窪のCocopalmでジャズ・ファンク系のセッションホストを。いつものホストであるピアニストの外山氏がお休みということで、自分が代理として入りました。STD大塚ライブでも一緒だった野々口毅氏(B)がメインホストなので、自分はどちらかというとサポート兼コード伴奏という役割。

 

アップライトベースを弾く野々口毅氏。レアショットか?(←なわけあるか)

 

「ジャズ・ファンク」と銘打っても、実際のセッション内容は至ってトラディショナルなジャズのスタンダードがメイン。この自分に務まるのか・・?と若干の心配もありつつ、参加者の方々を支えるお役目という、前日のステージとは真逆に近い立場をこなしてきました。主に大人の方々が参加される、とても落ち着いて和やかな雰囲気でのセッションでした。

 

ブルースやロックとは異なり、ジャズのセッションでは多くのピアニストが参加されます。ギターとは音域も被っているピアノの邪魔をせずに、いかにして役立つ伴奏を行なうかは、ジャズ・ギターの大きな課題の一つです。またジャズの場合、ヴォーカリストの伴奏もピアノをイメージする方が圧倒的に多いので、ギターでも楽しく歌ってもらうには色々と気を遣うこともあります。ホストの身でありながら、色々と勉強にもなりました。

 

そして8日には船橋でアコースティック・ギター講座の第2弾。昨年の1回目が大変好評をいただき、今回も満席となりました。

 

こちらも大人の方々が集まり、交流を持ちながら一緒に腕を上げていく和気あいあいとした集いです。これをサポートするのは、音楽に携わる者としてまた別の形での充実感があり楽しく進めることができました。今回の講座は計4回。頑張って課題楽曲をマスターしていただきたいと思います。期待大。

 

 

明日は久々にお休み。たぶん、一日だけ練習をお休みして疲労回復に努めます。そのあとはまた全力投球。まだまだやることは山ほどあるぞ・・・

 

 

次回のSTDライブです。

 

2020年419日(日)

SHOOT THE DICE

千葉・稲毛APOLLO

start:1830 

charge: ¥3.000 & order

お問い合わせはITANI OFFICIAL WEBAPOLLOまで

 

皆様のお越しをお待ちしております!

 


「近道」と「抜け道」

 

先週より2020年のレッスンが始まり、既に毎日のように各スタジオを飛び回っています。

 

僕が担当している生徒さんたちには長続きする方が多くて継続10年以上はザラ、中には20年オーバーという「猛者」もいます。これをたまに他のギター講師などに話すと「コイツ、話を盛ってんじゃねーか?」と疑いの目を向けられることもあるのですが・・・(←ひょっとして普段の行ないに原因が・・?)。

 

でも生徒さんたちの受講期間が長いのは、受講する皆さんが演奏スキルの向上における「近道」と「抜け道」の違いを理解しているからではないかと考えています。

 

近道と抜け道。あまり変わらないように見えて、演奏の上達においては天と地ほどの違いがあります。

 

楽器演奏のスキルアップに練習が必要であることは、改めて述べるまでもないことだと思います。一切の練習も努力もすることなく、初めてギターを手にした瞬間から一流ギタリストのように弾けてしまった・・という話は聞いたことがありません(そんなことがあれば大枚を叩いてでもその術を知りたい、笑)。

 

しかしクラシック音楽の世界とは異なり、ロックの分野では全くの独学で楽器を始める人も少なくないため、目指す目標への最適の練習方法が自身で判断できないことが多々あります。今は動画サイトなどで情報は色々と入手できるのですが、それが自らの練習や上達にどれほど役立つのかはなかなか把握しづらいのではないでしょうか。

 

これはいわば「上達」という山脈に登るようなもので、道中にあらゆる方向に向けての道標があるとイメージしてみてください。この道標の数々ですが、到達したい頂上(目指す音楽やプレイスタイル)、登る人の身体能力(手の大きさ、指の長さ等々)、登山経験(ギター歴や有する知識)などで、登るべき道が大きく異なってきます。自分に合わない道や間違った頂上(目標)への道標などを選んでしまい、目標到達までに無駄な時間やエネルギーを費やしてしまわぬように、最適な「近道」を示すことが的確なレッスンの大きな意義でもあるのです。 

 

尤も、登るにあたって「抜け道」はありません。ドラえもんの「どこでもドア」のような、登る努力を省いていきなり頂上に到達するような裏ワザは、プロ・アマ問わずに存在しないのが現実です(本当にそんな抜け道があれば、プロが真っ先に利用しています、絶対に)。

 

ではどうして、いつの時代にも「抜け道」を求めるミュージシャンがいるのでしょうか。たぶん、ベテラン・ミュージシャンたちの演奏を観ていると、あまりにも苦もなく軽々と弾けているように見えるため、「この人たちは練習などで苦労したことが無いに違いない」と勘違いしてしまうからではないでしょうか。でも実際には、多大な努力と持続力で練習や研究を続けてきたからこそ、聴き手には「軽々」と演奏できているように映るのです。

 

本記事の冒頭で、自分が担当する生徒さんの多くが長期受講していることを記しました。的確なレッスンが生徒さんたちに「近道」を提示できるなら、なぜこのギタリストたちはここまで継続して学んでいるのか?

 

それは、生徒さんたちが自らのスキルアップに伴い、新たな頂上(目標)を見つけていくからです。例えば「せめてロックギターだけで良いからベテランのレベルで弾けるようになりたい」という目標で受講を始めた生徒さんが、効率よく頂上に達することを習得していくことで、「同じように頑張れば、他のジャンルやプレイスタイルでもベテランになれるはずだ!」ということがわかってくる。そのため、受講を始める前には「自分には無理だろう」と考えていた分野にもチャレンジし始める(そしてマスターしていく)のです。

 

楽器演奏の素晴らしく、同時にシビアでもあるところは、実力にプロもアマもないという事実です。楽器演奏で収入を得ているプロでも、練習不足や研究不足でどんどん腕が落ちていく人もいる。反面、正しい練習法を身につけて地道に粘り続けたことで、プロも驚く演奏レベルに達しているアマチュアの方もおられます。

 

「抜け道は無い」でも「練習と努力は決して裏切らない」 

 

これを信じて今年も頑張り生徒さんたちを、自分も引き続き全力でサポートしていきます。 

 

このテーマに関してのご質問やお問い合わせはこちらからお願いいたします。

 

 

 

今後のスケジュールです: 

2020年1月19日(日)

SHOOT THE DICE

千葉・稲毛APOLLO

Jun Saito:Drums 伊谷 希:Guitar 野々口毅:Bass

start:18:30

charge:¥3.000+オーダー

ご予約・お問い合わせはAPOLLOまたはITANI OFFICIAL WEBよりお願いいたします。

STDとしては初めて出演する会場です。全力でプレイしますのでぜひいらしてください!

 

2020年2月6日(木)

SHOOT THE DICE

大塚Live House Welcomeback

Jun Saito:Drums 伊谷 希:Guitar 野々口毅:Bass

open:18:30 start:19:00

charge:¥3.000(予約) ¥3.300(当日)+オーダー(この日はテーブルチャージはありません)

学生割引価格は¥1.600(+オーダー)

ご予約・お問い合わせはWelcomebackまたはITANI OFFICIAL WEBよりお願いいたします。

東京における、自分のホームグラウンドでの出演です。熱い演奏をお届けいたします! 

 

2020年2月7日(金)

初心者からのJazz・Funk Session
西荻窪COCOPALM

 

セッションホスト:野々口毅(B)、伊谷希(G)
20:00〜23:00
charge:¥1.800+2オーダー

ご予約・お問い合わせはCOCOPALMまでお願いいたします

 

2020年2月8日(土)

船橋市 第2回塚田公民館 ギター講座・初日(船橋市民限定)


講師:伊谷 希
お問い合わせはこちらから

 

 

皆様のお越しをお待ちしております!


熱意と意欲

船橋にて受け持ってきたアコースティックギター講座、本日で最終日を迎えました。

企画段階ではいったい何人が集まるかも全く読めなかったこの講座ですが、告知の開始直後から問い合わせや申し込みが相次ぎ、初回の1ヶ月前には満席となり多くの方々をお断りしなければならなかったほどでした。

講座が始まってからも、病気や急なお仕事以外は欠席が一切なく、参加者の皆さんの熱意と意欲に圧倒されました。中にはこの講座のためにお仕事を振り替えてまで欠かさず参加された方も。予想以上に充実した内容となったものと思います。

終了後の記念写真。本当に熱い皆さんでした。


今回の講座が来年にまた開催されるかは今のところ未定ですが、ギターと音楽でつながった方々がまたバラバラになるのはとても残念に思います。ぜひこれからも続けていただきたいものです。

貴重な経験と、講師冥利に尽きる仕事を行なわせていただいたことに感謝。皆さんにまたお会いできる機会を楽しみにしています。
 

 

 

まだ少し先の告知ですが: 

2020年2月6日(木)

SHOOT THE DICE

大塚Live House Welcomeback

Jun Saito:Drums 伊谷 希:Guitar 野々口毅:Bass

open:18:30 start:19:00(2ステージ・ワンマンライブ)

charge:¥3.000(予約) ¥3.300(当日)+オーダー(この日はテーブルチャージはありません)

学生割引価格は¥1.600(+オーダー)

ご予約・お問い合わせはWelcomebackまたはITANI OFFICIAL WEBよりお願いいたします。


決して「楽をさせて」はいない

本日は船橋市の塚田公民館にてアコースティックギターのワークショップ。計5回となるこの講座、今回で早くも3回目でした。

かなりの参加者数が一度に受講する講座ですが、一人も「リタイア」することなく満席のままでワークショップは進んでいます。開催の趣旨でもあった「楽器で交流を持つ」「音楽仲間を増やす」もどんどん活発化してきて、今日は既に始まる1時間近く前から多くの方が入場して、ギターや練習に関する談義が行われていました。

ロックやポップスという音楽が50年代の「Rock’n’Roll」と呼ばれたスタイルから生まれ、その後の60年代にビートルズなどの影響で世界の若者たちが「バンドブーム」に突入、更に70年代のロック全盛期につながっていったと考えると、この講座の参加者の皆さんは正にその流れをリアルタイムで体験してきた世代に近いといえるでしょう。そのためか、参加者の熱度がものすごい。講師である自分が発するひと言ひと言を聞き逃すまいと集中し、講師のサンプル演奏から全てを盗んでいこうという意気込みが伝わってきます。
 

今回のメインテーマの一つは「リズムの取り方」

 

講師の細かな説明にも熱心に耳を傾けて吸収していく参加者の皆さん

 


自分の教え方は決して受講者に「楽をさせて」はいないはずなのですが、皆さんが「もっと上手に弾けるようになりたい」「もっと充実した演奏がしたい」という想いで一生懸命に取り組んでいるので、既に本日の3回目の講座では公民館の担当者が驚くほどのレベルにまで上がってきました。
 

 


普段教えているハードなロック、ジャズ、ブルース、フュージョン、ソウルなどのジャンルとは全く異なる内容の講座ですが、教えている自分も学ぶところは少なくなく、なによりも自分と世代の近い方々が、楽器の上達を通じて笑顔をどんどん増やしていくのが伺われて講師冥利に尽きると感じています。

まだ講座は残っているので、受講者の方々の更なる向上も見られることでしょう。楽しみです。
 

次回ライブのお知らせです。 

2019年10月17日(木)

SHOOT THE DICE

大塚Live House Welcomeback

Jun Saito:Drums 伊谷 希:Guitar 野々口毅:Bass

open:18:30 start:19:00(2ステージ・ワンマンライブ)

charge:¥3.000(予約) ¥3.300(当日)+オーダー(この日はテーブルチャージはありません)

学生割引価格は¥1.600(+オーダー)

ご予約・お問い合わせはWelcomebackまたはITANI OFFICIAL WEBよりお願いいたします。

 

 

大変好評をいただいた前回のライブ中に(!)確定したスケジュールです。前回の勢いを上回るパフォーマンスで挑みます。ぜひいらしてください。


calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
PROFILE
ギタリスト・コンポーザー・音楽講師。

幼少よりよりドイツ在住。ミュージカル、ビッグバンド、ブルース、ハードロックからスイングジャズまでのサポートを務める傍ら、自己のバンド「ITANI」でヨーロッパ諸国にて活動。

1997年に帰国。「ITANI」を再結成する。今まで計3枚のアルバムをリリース。最新アルバム「Station To Station」は海外のプレスからも絶賛される。現在、AmazonやiTunes Storeにて好評発売中。

http://itanimusic.com/

LIVE SCHEDULE

2020年6月24日(水)
SHOOT THE DICE
大塚Live House Welcomeback
selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM