「G.A.S.」が「L.O.B.T.G.」に(またはギタリストの不治の病について)

今から3年ほど前のブログ記事で、ギタリストの「Guitar Acquisition Syndrome (ギター取得症候群)」、いわゆる「G.A.S.(ギャス)」について書いたことがある(記事はこちらから)。「いくらギターを所有していても、際限なく新しいギターを購入したくなる」という、通常はギタリストにしか表れない症状(!)のことで、一説にはギタリストという人種の間では国を超えて広まっていく「伝染病」らしい。

自分も若くして「感染」した一人で(汗)、過去に購入してきた本数は計り知れない。たまにやたら高価なギターを購入する生徒などに向かって「オレはギターの購入に○○万円以上かけたことはないぞ!」などと豪語しても、その「○○万円」をいったい幾度支払ってきたかを考えれば説得力もへったくれもない症状をずっと抱えてきていた。

でも年を重ねたせいもあるのだろうか、近年は病気をほぼ克服。ここしばらくは新しい楽器を購入することもなく、「ようやくこの症状も完治したか・・」と思えるまでになってきた。

ところが2日ほど前に、たまたま知人のギタリストが経営するヴィンテージギター・ショップのサイトを覗いていると、70年代のGibson SGが紹介されていて「おっ?!」となった。実は当時、自分が初めて購入した本当に「本格的な」ギターがこの70年代のSGだったのだ。

 

当時Norlinという会社の下で製造されていたSGは、60年代までのモデルとは異なるスペックを持ち、Super Humbuckerと呼ばれるピックアップを搭載、ネックとボディのセット位置がそれまでよりボディ寄りとなりそれに伴い・・(以下、よほどのマニアでないと興味を持たないので割愛)

当時の自分がSGを購入したのは、自分が背伸びしてギリギリ買えるGibsonがこれしかなかったということもあるが、SANTANAの「Abraxas」というアルバムやFrank Marino & The Mahogany RushのライブアルバムなどでSGが使われていたことで・・(以下、誰も興味を持たないので割愛)

以上の通り、自分にとっては思い入れのあるこのモデル(←なら、なんで手放したんだ)、サイトの画像を観て一瞬グッときたが、そこは病気を克服した身だ。「いかんいかん・・」とページを閉じて仕事に没頭することにした。

次の日のレッスンで信じられないことが。やってきた生徒さんたちが軒並み

 

SG・・・ 

 

SG・・・ 

 

これは陰謀か。ヤバい、症状が・・。しかも生徒さんたちと前日の話をすると、全員が申し合わせたように

 

「買っちゃいましょう!」

「買ったほうがいいですよ!」

「迷ったときは買ったほうが・・」

「実物を見るのを楽しみにしています〜!」

 

イカン・・・こいつらも感染者だった・・・(←お前がうつしたんだろうが)。しかも、全員が「G.A.S.」に加えて、より深刻な病気を併発させている。僕が命名した新種の病、その名も「L.O.B.T.G.(Let Other Buy The Guitar - ギターは他人に買わせよう症候群)」。つまり自分の懐を痛めることなく、他人にギターを買わせることで便乗して盛り上がろうという、最もタチが悪く完治が困難な病気で、一部の地域では難病指定されているとも言われている(←嘘つけっ)。

「G.A.S.」が「L.O.B.T.G.」を併発した(←ええい、ややこしい)患者が自分の周りにいることで、せっかく治まっていた症状がまた悪化してしまった今、とにかく楽器関係のサイトはしばらく閲覧しないようにしないと・・・最後には不治の病となる(←もうなっとるような・・・)。

 

SGか・・・いま持ってないんだよな・・・(←手遅れ感が・・・)

次回のライブが楽しみだな〜(←買うんじゃないっ)
 

2019年10月17日(木)

SHOOT THE DICE

大塚Live House Welcomeback

Jun Saito:Drums 伊谷 希:Guitar 野々口毅:Bass

open:18:30 start:19:00(2ステージ・ワンマンライブ)

charge:¥3.000(予約) ¥3.300(当日)+オーダー(この日はテーブルチャージはありません)

学生割引価格は¥1.600(+オーダー)

ご予約・お問い合わせはWelcomebackまたはITANI OFFICIAL WEBよりお願いいたします。

 

 

大変好評をいただいた前回のライブ中に(!)確定したスケジュールです。前回の勢いを上回るパフォーマンスで挑みます。ぜひいらしてください。


噂のアレで・・・


数年前の話:知人のギタリストが僕のライブを観に来てくれたことがあった。その時に若手のヘヴィメタル・ギタリストを連れてきてくれたのだが、この若手がステージをえらく気に入ってくれて、終了後に「イタニさん、もし構わなければ使用機材を見たいのですが」と。「ど〜ぞど〜ぞ、ステージに上がってゆっくり見ていってください」と言うと、ペダルボードやアンプをくまなくチェックした後、アンプの裏側をのぞき込んで、


「・・・これが噂の真空管ですかっ!?」


・・・え〜、ここで「おんどれっ、メタル・ギタリストのくせに真空管アンプも知らんのかっ」などと言うと、今の時代には若手に対するおっさんギタリストのパワハラ問題となるので(←いつの時代でもダメだろ)、「そうだよね〜今はもう真空管じゃないもんね〜全部デジタルだもんね〜わかんないよね〜」とコンプライアンス的に「正しい」返答をしておいたのですが・・・ 

 
格子の後ろでオレンジ色に光っているのが「噂の」真空管



近年は自分自身もライブでデジタル・モデリングアンプを使用することが多くなり、その利便性(コンパクトで軽い、一度プログラミングした音色がいつでも再現できる、故障の確率が低い、等々)に慣らされてしまい、真空管アンプを使うことが本当に少なくなりました。

でも、プレイに対するダイナミック・レンジや音色の追従に関しては、未だに良質の真空管アンプを鳴らした瞬間に「本物は違う」と思わされるのも確か。そこで次回のステージに向けて、真空管アンプをスタジオに持ち込み改めてセッティングを行なってきました。久しぶりでしたが、やはりこれが自分の馴染んでいる「エレキギターのサウンド」だな、と自己満で盛り上がってしまいました・・・


・・・その分、アンプやペダルボードなど計50kg近くの搬入出の後でぐったりとなってしまいましたが・・・

次回の8/30のShoot The Dice大塚ライブ、「噂の真空管」でかまします。ここしばらく、自分のモデリングアンプでの演奏にしか馴染んでいないバンドメンバーから何を言われるかはわかりませんが・・・自分を信じて!(←なんのこっちゃ) 

 

2019年8月30日(金)

SHOOT THE DICE

大塚Live House Welcomeback

Jun Saito:Drums 伊谷 希:Guitar 野々口毅:Bass

open:18:30 start:19:00(2ステージ・ワンマンライブ)

charge:¥3.000(予約) ¥3.300(当日)+オーダー(この日はテーブルチャージはありません)

学生割引価格は¥1.600(+オーダー)

ご予約・お問い合わせはWelcomebackまたはITANI OFFICIAL WEBよりお願いいたします。

このステージの後のスケジュールが未定となっています。ぜひお越しください!


結局何でもあり

 

カツカツのスケジュールが続いた後、今週は呆れるほどヒマに・・と思った矢先に珍しく体調を崩して2日間ほど戦線離脱しておりましたが、幸いにも完全復活致しました。

 

でも何もしていなかったわけではなく、スタジオ入りして4/25に向けての機材調整を。マイアンプ、マイペダルボード持参での音出しは久しぶりでした。 

現在所有のMESA Transatlanticアンプ(生産終了モデル)、久々に弾いてみると流石の迫力。このアンプは比較的低出力(15W/30W/40Wの切り替えが可)なのに音圧があるのが売りのようで、僕が参加するようなバンドでは最も低出力モードでもうるさいぐらいの「押し」があります。最高出力でフルアップなどしたら、少なくとも通常のライブハウス規模では周りから袋叩きに遭うことは間違いない音量です。

 

念のため、録音/録画して自宅で聴き直してみましたが、「これでロックの王道をかましたら最高だろうな〜」と惚れ込むサウンド。でもSTDのライブではどうなの?と聞かれると「大丈夫かな・・?」という部分もあります。こうなると、またDV Markのモデリング・アンプの登場となるかもしれません。多くの有名な欧米のジャズ/フュージョン系ギタリストたちがDV Markにシフトしている理由が改めてわかった気がします。 

 

エレクトリック・ギターの音作りは難しいものです。たった一つのジャンルに特化したプレイヤーなら「良い音」の定義が見つけやすいのかもしれませんが、あらゆるジャンルに対してオーセンティックでかつ自分にフィットした音を、一つの機材システムで作り上げようとするのはなかなかの課題となります。結局、突き詰めてしまえばエレクトリック・ギターの「良い音」の定義などジャンルやスタイルによって「何でもあり」になってしまうのですね。弾いている本人さえ納得していれば、本人のプレイ次第でどうにでもなるのでしょう。

 

・・と、わかり切ったことを再確認したところで(←ではなんのために書いたんだ)、4/25も目いっぱい演奏します。

 

2019年4月25日(木)

大塚Live House Welcomeback

Jun Saito:Drums 伊谷 希:Guitar 野々口毅:Bass
open:18:30 start:19:00(2ステージ・ワンマンライブ)
charge:¥2.500(予約) ¥2.800(当日)オーダー&テーブルチャージ¥500別
ご予約・お問い合わせはWelcomebackまたはITANI OFFICIAL WEBよりお願いいたします

 

 

 


生ハンバーグとレッスン

さて、昨331日のShoot The Dice本八幡ライブの前後から取り掛かっていた別件のお仕事が予想以上の反響をいただくこととなり、先週は同じ件での追加依頼や追々加依頼が週末まで相次いで・・・寝る間を削っての突貫作業となりました。信頼され、お仕事を任されるのはこの上なく嬉しいことですが、今週からはまた練習、作曲や教材作りにも時間を割いていきたいものです。

 

このお仕事に関しては、今月の後半に公表できると思いますのでしばしお待ちを・・(←誰も待っとらんのでは・・?)

今日は午前からレッスン。受講を開始した当初は予想もしなかった熱意を示すようになった生徒さんが、当初は予想もしなかったレベルにまでスキルアップしてきたのは嬉しい「誤算」。この調子でいけば、あらゆるシーンで活動できるようになるかもしれません。

通常、プライベート・レッスンはいわゆるリハーサルスタジオで行なうことが多いのですが、なぜか多くのスタジオでは一つの部屋にRoland Jazz Chorus JC-120Marshallのスタック・アンプ(大抵JCM 900)という2台のギターアンプが常設されています。この場合、生徒さんがJC-120を使いたいと言えば、当然ながら自分がMarshallを利用することとなります。ロック系のアンプとして未だベンチマークのひとつであるMarshallですが、ギターレッスンではどうも扱いづらく、できればFenderのコンボアンプまたはJC-120(←これもあまり好みではないのですが)などを使用したいのですが、お店の都合でなかなかそうもいかない時があります。

その昔、ギタリストのカルロス・サンタナがMarshallアンプの音を「Raw hamburger Rock’n’Roll sound(生ハンバーグのようなロック・サウンド)」と絶妙に表現していましたが、本当にその通りではないかと思います。特に今日のレッスンで持参したFender Stratocasterを接続すると、少なくとも自分はなにを弾いていても「Burn」か「Black Night」にしか聴こえません(←リッチ−・ファンはごめんなさいっ・・というか、年寄りネタでごめんなさいっ)。様々なジャンルを教えることのある自分の場合、もう少し多彩な音色が作れるアンプで教えたいのですが、状況に合わせてレッスンを行なうのが自分の「強み」でもあると考えて、なるべくオールジャンル的に音色を作り出せるよう奮闘しています。 



いつかは「ストラトとマーシャルで作れるジャズの音」などというワークショップを行なったりして・・・(←誰も求めとらん)

機材や音作りのご質問や疑問のある方はこちらからどうぞ: 

http://itanimusic.com/contact.html


今月の後半は、早くもShoot The Diceの次回ライブです。今から頑張って仕込まねば。皆様のご来場をお待ちしております。 

 

2019年4月25日(木)

大塚Live House Welcomeback

Jun Saito:Drums 伊谷 希:Guitar 野々口毅:Bass
open:18:30 start:19:00(2ステージ・ワンマンライブ)
charge:¥2.500(予約) ¥2.800(当日)オーダー&テーブルチャージ¥500別
ご予約・お問い合わせはWelcomebackまたはITANI OFFICIAL WEBよりお願いいたします

 

 

 


今さらの話(ギターとチューナー)


さて、ここ10日間ほどは予定外の仕事が多々入ってきてブログの更新がすっかり遅くなってしまいましたが・・・

今回は、以前より記しておきたかった「ギターとチューナー」の話です。「今さらチューナー?」と思う方もおられると思いますが、ギターは構造上チューニングが安定しない楽器なので、意外とシビアな話でもあるのではと思っています。


僕がギターを始めた70年代には、電子チューナーはおろか電気チューナーもほとんど普及しておらず、ギターを買う時に必ず購入するのが「音叉」でした。
 
 
若い世代のギタリストには殆ど馴染みが無いかもしれないこの音叉で5弦(440Hz)の音程を合わせて、他の弦は5弦のピッチを基準に合わせていくというのが当時のチューニング法。簡単に言うと「残りの弦は自分の耳と音感でチューニングしろ」ということです。そのためか、同世代のギタリストの中には「そもそもチューナーに頼るような音感の無いやつはギターなど弾くな」という過激なコメントを発する方もおられるようですが(苦笑)、僕は初心者の段階からきちんとチューニングされた楽器で練習することで音感も育てられていくと考えているので、基本的にチューナーは積極的に使うべきと考えています。
 
エレクトリック・ギターの場合、以前はシールドでプラグインして使用するチューナーが主流でしたが、現在はギターのヘッドに取り付けてボディ(正確にはヘッド)の振動でピッチを計測する「クリップチューナー」が主流となりつつあるようです。このクリップチューナー、普及し始めた当初は動作が全く安定しませんでした。エレキの場合、プラグイン式のチューナーはピックアップで拾った「音程」の信号をチューナーに送りますが、クリップ式のチューナーは「音」ではなく「楽器の振動」を計測するので、どうしても誤差が生じやすくなります。特にソリッドボディのエレキギターの場合はボディ振動がそもそも弱いので誤振動が起こりやすく、しかもリハやステージで他の楽器(ドラムスやベースなど)の音が同時に鳴ると、その間接的な振動までがギターのボディに伝わり測定がより困難となるのです。そのため、クリップチューナーが普及し始めた頃には、ジャムセッションやレッスンなどでチューニングの狂ったまま演奏する人が急増したのを覚えています。それもあって、僕は長い間クリップチューナーを使用せず、周りにもあまりお勧めしてきませんでした。

とはいえ、コンパクトなチューナーの利便性も否定はできないので色々と探した結果、数年前に落ち着いたのがこれです:

 

KORGPitchjackです。持ち運びに便利なうえ安価で、プラグイン式なので音程を正確に計測できる優れもの。かなり気に入って数台買い置きしたぐらいです。

尤も、日々酷使していくうちに壊れるものも出てきます。そろそろ買い替えかな〜、と考えていた矢先・・・
 

・・・製造終了・・・_|| ガクッ
 
しかも同様のチューナーがどこからも販売されていないので困っていたところ、たまたまアメリカのサイトでクリップチューナーに関する最新リポートなどを読んだことがきっかけで、改めて最新モデルを試してみようとダメもとで幾つか購入してみました。結論から言うと、まだまだ使い物にならないものも多いようですが、驚くほど進化しているモデルもあることを認識させられました。そこで、今回は当方の独断と偏見で(汗)、現場で使えると感じたクリップチューナーを記してみたいと思います。

先ずはこれ
 

TC ELECTRONICSUniTune Clipというチューナーです。アコースティックはもちろんのこと、ソリッドのエレキでもピッチを非常に正確に測定してくれます。視認性に関しては文句なし。プラグイン式のチューナーと繰り返し比較しても遜色はなく、リハやステージなどで他の楽器の音が鳴っている状況でも安定しています。唯一の問題は、クリップチューナーとしては値が張ること。1台だけなら問題ないのですが、ギターケース毎に1個入れておきたいとなると、ちょっとお財布に厳しくなる気がします(←お前がギターを持ち過ぎとるからでは・・・)

そこで、もう少し安価なものは無いかと探して見つけたのがこれ
 

Fender社のCalifornia Series Clip-On Tuner。このルックス・・子供のおもちゃか(苦笑)。オッサンがギターヘッドに取り付けるには恥ずかしいデザインですが、意外なほど高性能です。周りであまり普及していないのは、このたまごっちのようなルックス(←比較が古すぎる)が原因ではないかと勘繰りたくなるほどです。安定性はTCよりやや劣るかな?といったレベルですが、ライブやセッションで聞き取れるほどの狂いはないと感じています(演奏者の力の入れ具合になどによるピッチの狂いのほうが大きい)。最大のメリットは、先ほどのTCチューナーの半額以下で購入できること。これならギターケース1台に1個の購入も不可ではないかと(←だから、お前が無駄に多くの本数を・・・)

以上、僕の勝手な感想を記してみました。冒頭で述べた通り、僕は初心者がチューナーを使い、常に正確な音程のギターに馴染むことで音感も向上して、チューニングの狂いに自ら気が付くようになるのが早くなると考えています。但し、そのためには正確なチューナーが大前提。数多く提供されている機種からクォリティーの良いモノを選ぶためにも、最初は経験者に相談するのも良いかもしれません。
それにしても、便利な時代になったものですね〜(←年寄りのセリフ)。

このテーマに関するご質問などあればお気軽にご連絡ください。
http://itanimusic.com/contact.html​


最後に次回ライブのお知らせも。平日にお忙しい方々やご家族連れの方々にもお越しいただきやすいよう、今年も日曜日のアフターヌーン・ライブを開催いたします。お昼ご飯の後にご来場いただき、夕食までには帰宅できるという心遣い溢れる時間帯(←自分で言うな)での2ステージ・ライブ。もちろん、世界に認められたメンバーとの素晴らしいステージです。ぜひぜひいらしてください。 

2019年3月31日(日) 
SHOOT THE DICE Sunday Afternoon Special Show! 

本八幡Cooljojo

Jun Saito :Drums 伊谷 希:Guitar  野々口 毅 :Bass

start:14:00

charge:¥2.500(+ order)

お問い合わせやご予約はCooljojoまたはITANI OFFICIAL WEBよりお願いいたします 


calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>
PROFILE
ギタリスト・コンポーザー・音楽講師。

幼少よりよりドイツ在住。ミュージカル、ビッグバンド、ブルース、ハードロックからスイングジャズまでのサポートを務める傍ら、自己のバンド「ITANI」でヨーロッパ諸国にて活動。

1997年に帰国。「ITANI」を再結成する。今まで計3枚のアルバムをリリース。最新アルバム「Station To Station」は海外のプレスからも絶賛される。現在、AmazonやiTunes Storeにて好評発売中。

http://itanimusic.com/

LIVE SCHEDULE

2020年2月6日(木)
SHOOT THE DICE
大塚Live House Welcomeback

2020年4月19日(日)
SHOOT THE DICE
千葉・稲毛APOLLO
selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM