<< コピーって、何のためにするの?(レッスンのあれやこれやシリーズ) | main | 高校生バンドのように・・・? >>

「お行儀よく練習しても身に付かない・・・?」(レッスンのあれやこれやシリーズ)

 

ギター・レッスンを行なう際に、その形態やカリキュラムの進め方は様々です。その一番の理由は、生徒さんの個性や受け止め方が一人ひとり異なることにあると思っています。

 

最近、ある生徒さんのリクエストで、生徒さんお気に入りのブルース・ナンバーを譜面に起こして一緒に練習するというプログラムを始めました。

 

「ブルースを譜面にする?何で?」と思われる方も多いと思います。確かに、有名なブルースの先人たちは譜面が読めないどころか、レッスンさえ受けたこともないギタリストたちが大半です。「ブルースは耳で、フィーリングで感じるもの。譜面を使ってお行儀よく練習したって、ブルースは身につかねーよ」と言う人の気持ちもわかります。

 

でも長年レッスンを行なっていると、人は千差万別であることを実感するようになります。同じ「理解する」「練習する」「マスターする」でも、各々に適している過程は驚くほど多様なのです。

 

例えば、僕も幾度か共演したことのある知り合いのミュージシャンに、音を色彩感覚でイメージできるという、稀な能力を持つギタリストがいます。また、音楽の流れを幾何学模様のように感じるという人もいます(←自分はこのタイプにちょっと近いかも・・)。音楽の捉え方そのものに根本的な違いがあるこの二つのタイプで、演奏スキルを習得する手法やプロセスが全く同じとは考えづらいのではないでしょうか。

 

音楽とはちょっと別の話になりますが、「文書が苦手で、本や雑誌を読んでいても、途中から内容が頭に入らなくなってくる」という方を知っています。でも、この方は「数学の方程式などは幾らでも集中して解ける」というタイプです。この方が物事に取り組む際に、いわゆる「文系」の人とは異なる手法を用いるであろうことは想像に難くありません。

 

ミュージシャンも人によってタイプが異なり、それに合わせた習得方法を選べば驚くほど上達するようになります。

 

冒頭で紹介した生徒さんは元々メタラーで、ブルースに興味はあったものの「どうしてもブルージーなプレイにならない」が悩みのようでした。ところが譜面を使いブルース・プレイのニュアンスを「見やすく」したことで、この生徒さんの場合ではどんどんブルージーなプレイがこなせるようになっただけではなく、それに伴い耳も「肥えて」きたため、今では有名なブルース・ギタリストの演奏ニュアンスを、自らの耳でもコピーできるようになり始めています。つまり、ほんの少しの回り道を経て「ブルースは耳で感じるもの」に辿り着けているのです。

 

スラッシュメタル「限定」だった生徒さんが、今では他のジャンルも理解し、演奏している時に見せる「頑張れば自分にも出来る!」という充実した表情が、レッスンの醍醐味ではないかと感じています。  

 

「楽器をマスターする」過程に先入観は禁物。悩んだ時には、出来るだけ様々な経験者に相談すべきかもしれません。

 

固定観念を捨てて、練習や研究に取り組むと、今まで見えていなかった新しい世界が開けることがあります。ぜひトライしてみてはいかがでしょうか・・・

(^^)  

 

 

 

・・・と語る自分が、忙しくて練習時間が取れておらん。先ずはオレが頑張らんと・・・

(・・;

 

 

このテーマに関する質問や疑問などあれば、ITANI OFFICIAL WEBの「お問い合わせ」よりお気軽にご一報ください。 

 


コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
PROFILE
ギタリスト・コンポーザー・音楽講師。

幼少よりよりドイツ在住。ミュージカル、ビッグバンド、ブルース、ハードロックからスイングジャズまでのサポートを務める傍ら、自己のバンド「ITANI」でヨーロッパ諸国にて活動。

1997年に帰国。「ITANI」を再結成する。今まで計3枚のアルバムをリリース。最新アルバム「Station To Station」は海外のプレスからも絶賛される。現在、AmazonやiTunes Storeにて好評発売中。

http://itanimusic.com/

LIVE SCHEDULE
2018年6月8日(金)
西岡治彦 / 伊谷希 Acoustic Guitar Duo
「Acoustic Guitars Evening Vol.1」
世田谷区 NEIGHBOR

2018年7月19日(木)
Shoot The Dice
西荻窪Live Spot Terra


selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM