<< 高校生バンドのように・・・? | main | 究極の一本?(ギターの話) >>

ミテヨコハマ??・・・「わかっている人」になるために (レッスンのあれやこれやシリーズ)

 

 冒頭からいきなり音楽とは別の話で恐縮ですが(後半では本題に繋がっていくはずなので・・・)、スーパー等で売っている「シャウエッセン」というソーセージがあります。自分もちょくちょく買うのですが、商品名には未だに馴染めない。恐らく「ソーセージ=ドイツ」という発想から、「ドイツ風」の名前を付けたのでしょうが、僕は30年以上ドイツで暮らしていて「Schauessen」という単語を聞いたことがありません。但し、コンマを入れて「Schau, Essen」とすれば、何とか意味を成す表現にはなります:

 

Schau」とはドイツ語で「ほら、ご覧」という意味です。「Essen」には二つの解釈があり、一つには「食事」、もう一つは「エッセン」という市の名前です。つまり、「Schau, Essen」と2語にすれば「ほら、ご覧、食事だよ」もしくは「ほら、ご覧、エッセン市だよ」といった意味に捉えることが出来ます。例えば、湾岸をドライブしていて「見て、横浜だ!」と言っているような感じでしょうか。でも「Schauessen」と表記されると、まるでドイツのスーパーで「ミテゴハン」「ミテヨコハマ」という名の日本フードが販売されているようで違和感があります。 

(^^;) 

ひょっとすると、ドイツ語を良く解さない誰かが、商品を「これでドイツ風の名前になるでしょ」とネーミングしたのかもしれません。でも、本場のドイツ人やドイツ語を解する人から見れば「ちょっと勘違いしていない?」となるのではないでしょうか。

 

 

たまにですが、音楽の世界でも似たようなことを経験します。以前、ヘヴィメタル一辺倒のギタリストから「最近はジャズも聴いているんですよ!」と紹介されたアルバムは、聴いてみると生粋のソウル・ミュージックでした。恐らく、歪まないリズム・ギターでいわゆる「テンション・コード」が鳴らされていることで、「ジャズ風」との勘違いが生じたのではないかと思います。ほぼ70年代までのポップスしか知らない方(僕の年代にはそういった方もおられます)から「ヘヴィメタルって、ボン・ジョヴィみたいなバンドのことでしょ?」と言われたこともあります(これは、歪みのギターと革ジャンのイメージが原因かな・・?)。両方とも、「良くわからないけれども、何となくそれっぽく聴こえる」という思い込みからの発言ではないかと推測されます。でも、もしこれが一般のリスナーではなく現役のミュージシャンの発言となると、そのジャンルに精通している人から「そんなこともわからずに音楽やっているの?」と思われかねません。

 

 

冒頭にて述べた外国語の勘違いや理解不足は、時間を掛けてその言語を学ばないとなかなか克服できない問題かもしれませんが、音楽ジャンルの名称、その違いや代表アーティストなどは、ほんの少しだけ時間を割いて情報サイトなどで調べればすぐに判明します。様々なジャンルをより良く理解することで音楽の視野を広げ、新たな刺激や知識を吸収していくことは、確実に自身の演奏スキルを成熟させることにも繋がります。特定のジャンルをしっかりと理解して演奏すれば、そのミュージシャンはレベルを問わずに「わかっている人だな〜」と遥かに認められるようになることでしょう。

 

 

ちなみに、「R&B」をJ-ポップスから生まれたジャンルだと思い込んでいた人に出会ったこともあります。もちろん、R&B(リズム・アンド・ブルース)はアメリカの黒人音楽の中から生まれてきたジャンルです。

参考までに、代表的な黒人音楽であるソウルやファンクなどの、バッキング・ギターのヴァリエーションをご紹介します。色々と使い分けが出来ると、演奏していて楽しいものです。

 

映像ではシブい顔して弾いておりますが、これは集中しているからです。心の中では思い切り笑顔で楽しんでいます(←誰もわからん)

 

その他の紹介動画も、以下のサイトよりご覧いただけます。

 

 

プレイヤー一人ひとりの、音楽に対する理解が深まり、結果として皆でシーン全体を盛り上げていければ最高ですね。

 

 

このテーマに関する質問や疑問などあれば、ITANI OFFICIAL WEBの「お問い合わせ」よりお気軽にご一報ください。 

 

 


コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
PROFILE
ギタリスト・コンポーザー・音楽講師。

幼少よりよりドイツ在住。ミュージカル、ビッグバンド、ブルース、ハードロックからスイングジャズまでのサポートを務める傍ら、自己のバンド「ITANI」でヨーロッパ諸国にて活動。

1997年に帰国。「ITANI」を再結成する。今まで計3枚のアルバムをリリース。最新アルバム「Station To Station」は海外のプレスからも絶賛される。現在、AmazonやiTunes Storeにて好評発売中。

http://itanimusic.com/

LIVE SCHEDULE
2018年6月8日(金)
西岡治彦 / 伊谷希 Acoustic Guitar Duo
「Acoustic Guitars Evening Vol.1」
世田谷区 NEIGHBOR

2018年7月19日(木)
Shoot The Dice
西荻窪Live Spot Terra


selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM