<< ミテヨコハマ??・・・「わかっている人」になるために (レッスンのあれやこれやシリーズ) | main |

究極の一本?(ギターの話)

 

昨日は、埼玉で夜遅くの出張レッスン。深夜過ぎに帰宅して、今日は早朝から都内へまたまたレッスンへ。立て続けに生徒さんたちを教えて帰宅。受講者の希望するスタジオへ出向いてのレッスンは、走り回る仕事となります()

 

本日は生徒さんの一人と、レッスン終了間際になかなか興味深い話となりました。今まで音楽や演奏にする質問なら、ほぼ全て答えるとこが出来るつもりでいましたが、今日は生徒さんから突然「現在所有しているギターの中で『究極の一本』はあるのか?」という質問を食らい、久々に返答に詰まってしまいました。確かに、最近はそのようなことを余り考えても見なかった・・・

 

この生徒さんが知りたかったのは「何らかの演奏の場に呼ばれたものの、誰と演奏するのかも何を演奏するのかもわからない。しかも、ギターの持参は1本のみしか許されない場合、どれを持っていくか」ということだったようです。「そんなシチュエーションがどこにあるんだっ」というツッコミはさておき(苦笑)、ジャズ系やブルース・ソウル系ならレスポールかな、でもロックやフュージョン系ならアーム付きのストラト系を持っていきたいし、でも何を弾くかがまだ不明なんだよな〜、などなど・・・(←結構、本気で考え込んどる・・・)

 

・・・と、生徒さんと話しながら色々と考えていたら、ふと「こういう時に持って行こうとする楽器、共通点があるかも・・」ということに気が付きました。「いざという時」に持って行きたくなるギターは、どれも素材が「マホガニー、メイプル、エボニー(もしくはローズウッド)」の組み合わせなのです。

 

マホガニー・ボディ、メイプル・ネック、エボニー指板

 

 

メイプル・オン・マホガニー・ボディ、メイプル・ネック、エボニー指板

 

 

メイプル・オン・マホガニー・ボディ、メイプル・ネック、ローズウッド指板

 

 

マホガニー・ボディ、メイプル・ネック、ローズウッド指板

 

 

確かに、僕が「取り敢えず、こいつを持って行けば何とかなるだろ」で選ぶギターは使われている木材が似ています。もちろん、素材さえ同じであればどんなギターでも良いという訳ではありませんが、これは基本的に10代の頃から大きくは変わっていない傾向かも知れません。何が原因でこのような好みとなったかは良くわかりませんが、自分にとっては安定したプレイをサポートしてくれるタイプのギターなのでしょう。でも、最終的には楽器の素材が自分の音を決定付けているのではなく、そのプレイヤビリティが「自分のサウンド」を伸び伸びと作り出するためのインスピレーションを与えてくれている、そう解釈しています。

 

あ、もちろん別の素材のギターも所有しています。飽くまでも「究極の一本」の話だったので・・・

 

 

 

・・・で、究極の場合にはどれを持って行くのかというと・・・

 

 

 

・・・う〜ん、もう12週間ほど考えてもいいですか・・・?(←結局、なんやねん)

 

 

楽器の紹介はこちらからご覧いただけます。

 

 


コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
PROFILE
ギタリスト・コンポーザー・音楽講師。

幼少よりよりドイツ在住。ミュージカル、ビッグバンド、ブルース、ハードロックからスイングジャズまでのサポートを務める傍ら、自己のバンド「ITANI」でヨーロッパ諸国にて活動。

1997年に帰国。「ITANI」を再結成する。今まで計3枚のアルバムをリリース。最新アルバム「Station To Station」は海外のプレスからも絶賛される。現在、AmazonやiTunes Storeにて好評発売中。

http://itanimusic.com/

LIVE SCHEDULE

2017年11月23日(木、祝日)
SHOOT THE DICE
西荻窪Terra

selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM