<< 究極の一本?(ギターの話) | main | ジャズ「で」話せるか、ロック「を」話すか >>

とある講師の悩み事

 

既に幾度か述べてきましたが、僕のギターレッスンは年齢やギター歴を問わずに、生徒さんの受講年数が比較的に長い傾向があります。継続78年はもちろん、中には受講1718年という猛者(?)もいます。熱意と持続力をもって楽器に取り組み、受講し始めた時点での目標を遥かに上回る演奏がこなせたとき、生徒さん達が見せる充実した表情は、何ものにも代えがたい瞬間ではないかと思っています。

 

それでも、たまにですが受講が続かない、または続けられない人もいます。理由は様々だと思いますが、例えば

 

  • 家庭や仕事などの環境の変化で受講できなくなった
  • 別の地域への引っ越しや転勤
  • ギターへの興味が薄れ、別のことにより興味を持つようになった
  • 自分に必要なスキルは充分に備わったと思うようになった
  • 講師との相性が良くないと感じた
  • 何らかの理由で、楽器演奏を諦めることになった

 

・・・などなど、その他にも色々な理由が考えられます。

僕の個人レッスンは完全予約制です。いつ始めても辞めても構わないシステムとなっているため、いかなる理由であれ次回の予約を入れなければ受講は終了となり、その後の義務も制約も一切生じません。一人一人の受講者とは信頼関係で結ばれるべきとの思いから、契約という形を取らずにこのようなシステムを採用しています。それが結果として、殆どの生徒さんとの繋がりをより深めているのではと理解しています。

 

ところが、辞めていく生徒さんの場合「いつのまにか消えていく」人もいます。「近いうちに次の予約を入れます」「1ヶ月ほどしたら連絡します」などと伝えたまま、「音信不通」となってしまうケースです。

 

僕は「辞めるなら一言ぐらい断りを」などというつもりは毛頭ありません。「いつ始めても辞めても構わない」わけですから、次の予約を入れていない限り、フェードアウトすることもあるのではと考えています。

 

 

ただ、そこに一つの問題があって・・・

 

 

僕は必要に応じて、受講者毎にカリキュラムを構築します。加えて、各生徒さんの練習プログラムに合わせて課題曲や音源を作成して、自宅での練習が少しでも「実践」に近い形で楽しめるようにしています。その課題音源を渡すために、いつも生徒さん達からUSBメモリをお預かりしています。

 

生徒さんと課題曲の名前を書いた付箋が貼ってあるメモリ

 

 

「音信不通」となる受講者の方は、当然ながら自身のUSBメモリを引き取りに来ない(それが出来るなら音信不通にはならないのでしょうが)ので、僕の手元にはその受講者のメモリが残ったままとなっており、この処分に困ることとなります。今の時代、メモリなどは高価なものではないのでしょうが、それでも人様からお預かりしている立場上、

 

  • 捨てるわけにいかない
  • 私用として勝手に使う訳にもいかない
  • 持ち主に引き取ってもらうよう連絡を入れるのも抵抗がある(相手が気まずい思いをする可能性が大)

 

「音信不通」の受講者がレッスンに復帰する可能性は低いと思っていても(でも、10年以上ぶりに受講を再開した生徒さんもいますので)、生徒さんから「もう受講しません」という連絡が入らない以上、預かっている音源ツールは「保管」扱いとするしかない。作業デスクを整理する度に「どうしたものか・・・」と悩む次第です。

 

このような場合、他の講師の方々はどうされているのでしょうか・・。このようなメモリが増えていかないことを願っています(笑)。

  

このテーマに関するご質問や疑問などあれば、ITANI OFFICIAL WEBの「お問い合わせ」よりお気軽にご連絡ください。 

 

 

 

さて、明日は8年10年「選手」たちのレッスン。基礎的なスキルをしっかりとマスターしたことで、加速的な上達を見せている生徒さんもいます。一緒に楽しく「共演」出来る日も近いことでしょう。今後も全力で応援していきます。 

 

 


コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
PROFILE
ギタリスト・コンポーザー・音楽講師。

幼少よりよりドイツ在住。ミュージカル、ビッグバンド、ブルース、ハードロックからスイングジャズまでのサポートを務める傍ら、自己のバンド「ITANI」でヨーロッパ諸国にて活動。

1997年に帰国。「ITANI」を再結成する。今まで計3枚のアルバムをリリース。最新アルバム「Station To Station」は海外のプレスからも絶賛される。現在、AmazonやiTunes Storeにて好評発売中。

http://itanimusic.com/

LIVE SCHEDULE

2017年11月23日(木、祝日)
SHOOT THE DICE
西荻窪Terra

selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM