<< 聴いた瞬間に「全然違う」 | main | 12月15日公演キャンセルのお知らせとお詫び >>

人と物事を動かす力

 

28年前の昨日、109日にドイツでベルリンの壁が崩壊しました。長らく続いた冷戦と、最終的にはソ連の解体にも繋がっていく歴史的な瞬間でした。

 

友人や知人には、また海外メディアのインタビューでも述べてきたことですが、僕はこの日にデュッセルドルフ市の近辺でライブがあり、帰宅したのは深夜を過ぎていました。機材を家に搬入してひと息つこうとTVをオンにした瞬間に、若者たちがベルリンの壁の上に立ってハンマーで壊そうとしているシーンが画面いっぱいに映し出されました。「変わった映画をやっているな〜」と呑気に観ていたら、キャスターの「これは映画などではありません!現実に起こっていることなのです!何ということでしょう!」と叫ぶようなコメントが聞こえて、愕然としたことを覚えています。

  

 

幼少よりドイツで育った自分にとっては、周りの同年代のドイツ人と同じく「西ドイツ」「東ドイツ」という二つの国が存在するということは当たり前のことでした。その「常識」が一瞬にして崩れ去った瞬間でもあり、今後の社会はどうなっていくのか、大きな不安を感じた瞬間でもありました。

 

実際に、EUでも最大の経済力を有していたドイツは、東西ドイツ再統一後には一時期ですが最大の借金国となり、それに伴い失業者と犯罪率の増加や、外国人に対するバッシングなども強まっていきました。

 

ちょうどその当時に、僕はブロードウェイ・ミュージカルのヨーロッパツアーに参加していたのですが、ネオナチの襲撃リスクが高まる中で、旧東独でのステージは全て断ることにしました。実際に、ドレスデン市などでの公演は機動隊の警備の中で行なわれたと聞いています(有色人種の出演者が多かったため)。音楽の「無力さ」を感じさせられたような出来事でした。

 

ドイツ国内の音楽シーンには、いわゆる「ネオナチ・パンクバンド」の活動が目立つようになり、「外国人を叩き出せ」「ドイツ人はドイツの商品を買え」などという歌詞を、よりによって日本製の楽器を抱えて叫ぶバンドマンたちの姿を観て、このような主張の無意味さや情けなさを感じたものです。

 

反面、ドイツのハードロック・バンド、スコーピオンズがその時期ににリリースした「Wind Of Change」が、冷戦の平和な終結を称えた「(民主化への)転回のアンセム」として、1400万枚を超える空前の大ヒットとなりました(Scorpionsがドイツ国内でスーパースターとなったのはこの曲から)。この曲のヒットが、多くの人々による非暴力的な統一プロセスに貢献したことは間違いないと思われます。

 

音楽の力には限界が見える時もある。音楽の力は乱用されることもある。音楽を作る人が皆、平和な考えを持っているとは限らない。それでも音楽には人を、物事を、動かす力が確かにあり、それが故に音楽を生み出す人には責任もあるのではないだろうか。そういうことを改めて考えさせられたドイツの記念日でした。

 

音楽に携わる一人ひとりが、音楽を通じて人が繋がり平和となっていく世界を願いながら活動するだけでも、世の中はより良くなっていくのかもしれません。

 

 

熱くても平和な(←と本人は信じている)ステージのお知らせです。

  

2017年11月23日(木、祝日)

SHOOT THE DICE

西荻窪Live Spot Terra

Jun Saito:Drums、Nozomi Itani:Guitar、Takeshi Nonoguchi:Bass

open:18:00時 start:18:30時

(2ステージ・ワンマンライブ、入替無し)

charge:¥3.000(+オーダー)

お問い合わせはLive Spot Terraまで:03-3395-7611

メンバーのウェブサイトからもお問い合わせいただけます 

 

リー・リトナー(G)、パトリース・ラッシェン(Kb)、ラリー・コリエル、マイク・スターン、渡辺香津美、パット、メセニー、チャック・ローブなどと共演してきた、スーパー・プレイヤーとのステージです!

  

 

201712月15日(金)

ITANI - 年末スペシャル・ステージ

大塚Live House Welcomeback

伊谷希:Guitar 本庄寛国:Guitar 仁村茂:Bass 土屋敏寛:Drums

open:18:30 start:19:00

2ステージ・ワンマンライブ、入替無し)

charge:¥3.000(+table charge¥500 & order)

お問合せ・ご予約はLive House Welcomebackまで。TEL:03-5957-5141  

 

久し振りのITANIライブは、新曲を2曲引っさげてのステージとなる予定です。年末に熱いパフォーマンスをお届けいたします!

 

皆様のご来場をお待ちしております。


コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
PROFILE
ギタリスト・コンポーザー・音楽講師。

幼少よりよりドイツ在住。ミュージカル、ビッグバンド、ブルース、ハードロックからスイングジャズまでのサポートを務める傍ら、自己のバンド「ITANI」でヨーロッパ諸国にて活動。

1997年に帰国。「ITANI」を再結成する。今まで計3枚のアルバムをリリース。最新アルバム「Station To Station」は海外のプレスからも絶賛される。現在、AmazonやiTunes Storeにて好評発売中。

http://itanimusic.com/

LIVE SCHEDULE
2018年6月8日(金)
西岡治彦 / 伊谷希 Acoustic Guitar Duo
「Acoustic Guitars Evening Vol.1」
世田谷区 NEIGHBOR

2018年7月19日(木)
Shoot The Dice
西荻窪Live Spot Terra


selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM