<< 写真から音が聴こえる〜ギタリストからフォトグラファーへ | main | 「ヒズミのXXX」は・・・?(4月20日ライブ後記) >>

「基礎は大切?」 実は色々あります・・・

久し振りの、レッスンに関する投稿です。最近、生徒さんたちの練習ぶりを見て感じたことを記してみました。

 

楽器演奏に限らず、どんなスキルの向上にも「基礎」というものは欠かせません。アスリートであれ、作家であれ、役者であれ、物事を極めていく人は、どの分野においても基礎を重視します。当然、音楽の世界においても、徹底して基礎を磨くアーティストやプレイヤーには実力があり、周りの状況や時代の変化にも対応出来る傾向があります。

もちろんエンターテイメント性の高い音楽の世界では、自身が努力している姿をファンに対して見せないアーティストが多いのですが、能力の高い演奏者ほど基礎の大切さを心掛けていることは間違いないと思われます。

 

ところがギター、特にエレクトリックギターの場合は、一部のプレイヤーの中で「基礎」の解釈が少し偏っていることがあります。

 

楽器演奏に必要とされる「基礎」には、おおまかに分けて二つの異なるカテゴリーがあるといえます。

 

1. 運動スキル」

これは、実際に楽器に触れて音を出すプロセスに必要な能力です。ギターの場合は正しい弦を弾く、指板上で正しい弦を押さえる、ベンド、ヴィブラートやスライドなどの表現技術をマスターする、実践的な音の出し方や演奏中の無駄な力の抜くなどが基本中の基本ですが、演奏内容のレベルや曲のテンポが上がれば上がるほど、その応用の難易度も急激に上がっていきます。そのため、特にテクニカル・プレイを目指す多くのプレイヤーは、運動スキルの向上を重視する傾向にあります。

 

2. 知識の量と応用力のスピード」

ここからは一部のギタリストにとっては面倒な話となるかもしれません(苦笑)

前述の運動スキルに必要な筋肉や神経をコントロールしているのは、言うまでもなく脳です。通常、脳が「するべきこと」をしっかりと意識出来ているほどに、肉体は思い通りに動いてくれるといえるでしょう。

 

例えば複雑なコードワークやスケールの応用などを単なる「運動スキル(つまり指グセ)」として叩き込むと、高度な応用レベルになるほどに演奏が困難となってきます。いわば、IPS細胞やナノテクノロジーの専門論文を意味がわからないまま丸暗記させられるような状態()になるわけです。プレイヤーの知識が不十分だと、高度で複雑化すればするほどに脳が演奏内容に追従していけなくなり、結果として指が「バグ」を起こしてしまうリスクが高くなります。

 

リズムやグルーヴについても同様で、リズムが複雑になると「いくら練習しても弾けない」というギタリストには、リズムの知識と理解度が不足しいる場合が殆どです。しかし、脳がリズムの仕組みと必要なリズム・パターンを正しく認識・把握すれば、かなり難解なリズムもすんなりと弾けてしまったりするものです。

 

 

レッスンを行なっていて頻繁に感じるのは、多くの意欲的なギタリスト達(←でなければレッスンを受けようと思わない)が、「運動スキル」には積極的に取り組むのですが「知識の習得とその応用スピード」のトレーニングは後回しにしたがる傾向があるということです。

 

ギタリストにとっては「ギターで音を出している時が一番楽しい」「ずっとギターに触っていたい」「憧れのギタリストもたくさんギターを弾いている(と思う)」のに、いったんギターを横に置いて

・スケールの運指を徹底暗記する

・コードの仕組みを(頭で)理解する

・リズムの仕組みとその応用を学ぶ

・ギターを触らなくても弾くべきフィンガリングが頭でイメージ出来る

 

などといった「基礎」に地道に取り組むのはつまらなく、意義をあまり感じないという人も少なからずいるのではないでしょうか。しかし「知識の応用」と「運動スキル」が「合体」した時、楽器演奏は驚くほどスムーズで楽しくなり、運動スキルのみのトレーニングに重きを置いていた時と比べて「今までの苦労は何だったのか・・?」と感じることはほぼ間違いありません。

 

レッスンを行なっていると、知識の応用と運動スキルのバランスが取れた練習法を身に付けた生徒さんの殆どが、加速的に上達していくことが伺われます。単に「ギターを所有する」「ギターで音を出す」「ギターを弾く」に止まらず、「チャレンジする楽しさ」「期待以上のスキルアップ」「よりハイレベルに取り組む充実感」を実感できた生徒さんが独自のモチベーションでどんどん上を目指していく様子は、幅広い基礎能力の習得がいかに大切かを物語っているように感じています。 

 

 

このテーマに関する質問や疑問などは、ITANI OFFICIAL WEBよりお気軽にお問い合わせ下さい。

 

 

 

次回のライブが近付いてきました: 

 

2018年4月20日(金) 

伊谷 希・仁村 茂アコースティック・デュオ
大塚Live House Welcomeback
伊谷 希(Guitars)仁村 茂(Bass、Vocal、Ukulele)
open:18:30時、start:19:00時(2ステージ 入替無し)
charge:予約¥2.000  当日¥2.500(+table charge¥500&order)
ご予約はWelcomebackまたはITANI OFFICIAL WEBからメールにて  

 

 

ジャズのスタンダード曲、ハワイアンの名曲や昭和の名曲などカラフルなレパートリーを、独自のアコースティック・アレンジでお楽しみいただけます。 ぜひお越しください!

 


コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
PROFILE
ギタリスト・コンポーザー・音楽講師。

幼少よりよりドイツ在住。ミュージカル、ビッグバンド、ブルース、ハードロックからスイングジャズまでのサポートを務める傍ら、自己のバンド「ITANI」でヨーロッパ諸国にて活動。

1997年に帰国。「ITANI」を再結成する。今まで計3枚のアルバムをリリース。最新アルバム「Station To Station」は海外のプレスからも絶賛される。現在、AmazonやiTunes Storeにて好評発売中。

http://itanimusic.com/

LIVE SCHEDULE

2018年7月19日(木)
Shoot The Dice
西荻窪Live Spot Terra

2018年9月6日(木)
TRIO × TRIO Special Live! - 西岡治彦Band & SHOOT THE DICE
大塚Live House Welcomeback

selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM