<< 今さらの話(ギターとチューナー) | main | 「世にも奇妙な物語〜著作権の怪」続編の巻 >>

なんでこんな構図に・・・?(ライブ向けての仕込みで)

 

本日はお昼からShoot The Diceのリハーサル。3/31(日)の、本八幡アフターヌーン・ライブに向けての仕込みでした。 

気が付けば、既にかなりの活動期間を経てきたこのトリオ。この超絶メンバーとの共演はそろそろ当日リハのみでも問題ないはずなのですが、新曲もあるので忙しいスケジュールの合間に時間を割いてもらいました。お蔭様で、久々に持ち込んだオリジナルの新曲「Dangerous Affair(なんか物騒な曲名に・・・)」も、自分で考えたアレンジを遥かに上回る仕上がりとなり、本番がとても待ち遠しくなっています。

以前にも述べましたが、このバンドの素晴らしいところは、全員が全員に対してクリエイティブに「口を挟める」ことです。「何となく違う」「何かが足りない」などの抽象的なコメントではなく、お互いの演奏内容を把握したうえでバンドのトータル・アレンジを念頭に発せられる改善案のため、確実に楽曲のクォリティーがランクアップしていくように思います。ある意味、とても厳しく全く気が抜けない数時間ですが、とても充実感を伴うリハでもあると感じています。 

音楽的にはシビアですが、雰囲気はいつも和やかで、いつも笑い声が起こるリハです。

右から野々口毅氏(Bass)、Jun Saito氏Drums)、不肖イタニ

自称「自撮りのマスター」野々口毅氏の指示で撮ったリハ直後のショット。この構図はどのような発想で・・・??

 

ちなみに今回は、久し振りにこのペダルボードを持ち込んでみました。 

 

リハスタでレンタルしたアンプが少々ヘタり過ぎていたのですが(汗)、それでもこの久々のダイレクト感に溢れる音色には代えがたい魅力があると改めて思いました。3/31はたぶんこれで・・・(ニヤリ)。しかし重いっ。「音楽とは運ぶこと」。これに尽きます・・・

_| ̄|○ ガクッ
 

 
リハから帰宅して幾つかの作業を済ませて、その後は深夜レッスンへ。遅くまでお仕事に従事している生徒さんと2300時ごろまで頑張りました。この生徒さんもどんどん腕が上がっていくな・・自分も頑張ろ・・。
 

 


さて、ほぼ1週間後の331日(日)は、昨年末に好評をいただいたShoot The Diceの本八幡アフターヌーン・ライブです。「アフターヌーン」とはいえ、いつも通りメンバー一同が本気でかまします。新曲も楽しみにしていただければ嬉しいです。ぜひお越しください。 

 

2019年3月31日(日) 
SHOOT THE DICE Sunday Afternoon Special Show! 

本八幡Cooljojo

Jun Saito :Drums 伊谷 希:Guitar  野々口 毅 :Bass

start:14:00

charge:¥2.500(+ order)

お問い合わせやご予約はCooljojoまたはITANI OFFICIAL WEBよりお願いいたします  


 


コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
PROFILE
ギタリスト・コンポーザー・音楽講師。

幼少よりよりドイツ在住。ミュージカル、ビッグバンド、ブルース、ハードロックからスイングジャズまでのサポートを務める傍ら、自己のバンド「ITANI」でヨーロッパ諸国にて活動。

1997年に帰国。「ITANI」を再結成する。今まで計3枚のアルバムをリリース。最新アルバム「Station To Station」は海外のプレスからも絶賛される。現在、AmazonやiTunes Storeにて好評発売中。

http://itanimusic.com/

LIVE SCHEDULE

2020年6月24日(水)
SHOOT THE DICE
大塚Live House Welcomeback
selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM