<< 「世にも奇妙な物語〜著作権の怪」続編の巻 | main | 生ハンバーグとレッスン >>

「エレキを弾く奴は・・」(3/31ライブ後記)

 

3/31Shoot The Dice本八幡Cooljojoライブ、ほぼ満席となり素晴らしく盛り上がりました。ご来場いただいた多くのお客様、そしてお店のマスター長谷川氏に心から感謝です。 

 

ライブの前後の日々に急きょ別件での仕事が立て続けに入り、連日ぶっ通しで悪戦苦闘していたため(←これについてはまた別の記事で後日ご紹介する予定)、一時はどうなることかと思いましたが・・・当日のステージはお店いっぱいのお客様に迎えられて最高のテンションとなりました。皆様、本当にありがとうございました。

 

今回のライブでは、いつも以上に楽器演奏者の方々のご来店が多かったようです。改めて感じたのは、ジャズでもロックにおいても音楽を楽しむ年齢層が本当に広がったこと。10代後半から還暦を大きく超えた方までが一緒になって歪みのギターを楽しむなど(←お前が勝手にやかましかっただけだろ)、自分がギターを始めた頃は想像も出来ませんでした。その昔の「エレキを弾く奴は不良」はいったい何だったのか・・・?(←年寄りの思い出、f^_^;)

 

いつもながら、このバンドのハイライトはJun Saito(ds)と野々口毅氏(b)のパフォーマンス。通常はドラムスとベースのコンビネーションは「リズムセクション」などと呼ばれていますが、この両氏が繰り広げるプレイをこのような簡単な言葉で括ることなど到底できない、色彩豊かでパワフルなプレイでお客様を圧倒していました。 

 

ちなみに自分は今回、久々にステージ機材を変更して取り組みました。色々と新たな発見などがありましたが、これもまた別枠で投稿したいと思います。

久しぶりに使用したペダルボードで、やたら踏み間違いが多かったのはナイショです・・・(滝汗)

 

この日曜日アフターヌーンライブ、また行う予定です。既に今から次回のCooljojoライブ、楽しみです!

 

さて、次回のSTDライブまで1ヶ月を切っています。都内では自分のホームグラウンドである大塚Welcomeback、最近はあまり出演していませんでしたが、久しぶりにお世話になります。ぜひお越しください!  

2019年4月25日(木)
Jun Saito:Drums 伊谷 希:Guitar 野々口毅:Bass
open:18:30 start:19:00(2ステージ・ワンマンライブ)
charge:¥2.500(予約) ¥2.800(当日)オーダー&テーブルチャージ¥500別
ご予約・お問い合わせはWelcomebackまたはITANI OFFICIAL WEBよりお願いいたします

 


コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
PROFILE
ギタリスト・コンポーザー・音楽講師。

幼少よりよりドイツ在住。ミュージカル、ビッグバンド、ブルース、ハードロックからスイングジャズまでのサポートを務める傍ら、自己のバンド「ITANI」でヨーロッパ諸国にて活動。

1997年に帰国。「ITANI」を再結成する。今まで計3枚のアルバムをリリース。最新アルバム「Station To Station」は海外のプレスからも絶賛される。現在、AmazonやiTunes Storeにて好評発売中。

http://itanimusic.com/

LIVE SCHEDULE

2020年6月24日(水)
SHOOT THE DICE
大塚Live House Welcomeback
selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM