<< 生ハンバーグとレッスン | main | 傍目から見るより(番外編のお知らせ) >>

結局何でもあり

 

カツカツのスケジュールが続いた後、今週は呆れるほどヒマに・・と思った矢先に珍しく体調を崩して2日間ほど戦線離脱しておりましたが、幸いにも完全復活致しました。

 

でも何もしていなかったわけではなく、スタジオ入りして4/25に向けての機材調整を。マイアンプ、マイペダルボード持参での音出しは久しぶりでした。 

現在所有のMESA Transatlanticアンプ(生産終了モデル)、久々に弾いてみると流石の迫力。このアンプは比較的低出力(15W/30W/40Wの切り替えが可)なのに音圧があるのが売りのようで、僕が参加するようなバンドでは最も低出力モードでもうるさいぐらいの「押し」があります。最高出力でフルアップなどしたら、少なくとも通常のライブハウス規模では周りから袋叩きに遭うことは間違いない音量です。

 

念のため、録音/録画して自宅で聴き直してみましたが、「これでロックの王道をかましたら最高だろうな〜」と惚れ込むサウンド。でもSTDのライブではどうなの?と聞かれると「大丈夫かな・・?」という部分もあります。こうなると、またDV Markのモデリング・アンプの登場となるかもしれません。多くの有名な欧米のジャズ/フュージョン系ギタリストたちがDV Markにシフトしている理由が改めてわかった気がします。 

 

エレクトリック・ギターの音作りは難しいものです。たった一つのジャンルに特化したプレイヤーなら「良い音」の定義が見つけやすいのかもしれませんが、あらゆるジャンルに対してオーセンティックでかつ自分にフィットした音を、一つの機材システムで作り上げようとするのはなかなかの課題となります。結局、突き詰めてしまえばエレクトリック・ギターの「良い音」の定義などジャンルやスタイルによって「何でもあり」になってしまうのですね。弾いている本人さえ納得していれば、本人のプレイ次第でどうにでもなるのでしょう。

 

・・と、わかり切ったことを再確認したところで(←ではなんのために書いたんだ)、4/25も目いっぱい演奏します。

 

2019年4月25日(木)

大塚Live House Welcomeback

Jun Saito:Drums 伊谷 希:Guitar 野々口毅:Bass
open:18:30 start:19:00(2ステージ・ワンマンライブ)
charge:¥2.500(予約) ¥2.800(当日)オーダー&テーブルチャージ¥500別
ご予約・お問い合わせはWelcomebackまたはITANI OFFICIAL WEBよりお願いいたします

 

 

 


コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
PROFILE
ギタリスト・コンポーザー・音楽講師。

幼少よりよりドイツ在住。ミュージカル、ビッグバンド、ブルース、ハードロックからスイングジャズまでのサポートを務める傍ら、自己のバンド「ITANI」でヨーロッパ諸国にて活動。

1997年に帰国。「ITANI」を再結成する。今まで計3枚のアルバムをリリース。最新アルバム「Station To Station」は海外のプレスからも絶賛される。現在、AmazonやiTunes Storeにて好評発売中。

http://itanimusic.com/

LIVE SCHEDULE

2020年6月24日(水)
SHOOT THE DICE
大塚Live House Welcomeback
selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM