<< 結局何でもあり | main | 音と原語で繋がる >>

傍目から見るより(番外編のお知らせ)

 

さて、Shoot The Dice大塚Welcomebackライブが2日後の425日に迫っていますが、その前に今日は別のお知らせです。

 

以前より不定期に翻訳や通訳の依頼をいただいていますが、ここ23年は報道番組の映像翻訳のお仕事が増えつつあります。過去には「アナザーストーリーズ」や「世界はTOKYOをめざす」(共にNHK-BS)などで、ドイツ語圏における取材の字幕翻訳を任されてきました。

 

そして今回は4/27()に放映される特番において映像翻訳を担当致しました。 

 
2019年4月27日(土) 午後9:00〜午後10:50(110分) 
NHK-BS1 
「BS1スペシャル:個人情報が世界を変える」 
番組ホームページはこちらから

 

この番組では、ドイツ語のインタビューや会話部分の翻訳作業を受け持っています。110分にわたる大掛かりな番組で、今年の1月から断続的に携わってきたお仕事です。映像翻訳は他の翻訳作業より色々な意味で手間がかかるのですが、こちらの仕上げが手早かったせいか追加・追々加・追々々加・・・と依頼が相次ぎ、昨日まで膨大な量の映像に取り組んでいました(いったい何時間分を訳したんだろ・・?)

 

ということで、本日は制作会社のスタジオで映像と字幕の最終チェックを行ない、ようやく全てが完了・・・と思いきや、この後にまだ追加の作業を依頼したいとのこと。放送4日前なのに・・・さすがに大変ですが、制作担当の方々は本当にご苦労様です。とても興味深い番組となると思いますので、お時間のある方はぜひ観てください。

 

以前にも記しましたが、取材で撮影された映像資料から実際に使われるのはほんの一部。自分も番組を観ながら「あの苦労して訳した部分、バッサリ切られている・・」となることもしばしばあります(苦笑)。でもそれが充実した内容を生むための「糧」となるわけなので、決して無駄ではないということも理解しています。演奏活動において無駄な練習や無駄なステージが無いのと同じではないでしょうか。

 

このお仕事に携わる度に、制作会社の方々のお仕事ぶりを見て自分の音楽に取り組む姿勢を改めさせられる気がします。どんな仕事も、傍目から見ているより遥かに大変。それを嫌がらずに前向きに取り組むことが良い結果を生むと信じて頑張っていきたいものです。

 

そして425日はShoot The Diceの大塚ライブ。Welcomebackは久しぶりですが、既にご予約もいただいているようで嬉しい限りです。

 

2019年4月25日(木)

大塚Live House Welcomeback

Jun Saito:Drums 伊谷 希:Guitar 野々口毅:Bass
open:18:30 start:19:00(2ステージ・ワンマンライブ)
charge:¥2.500(予約) ¥2.800(当日)オーダー&テーブルチャージ¥500別
ご予約・お問い合わせはWelcomebackまたはITANI OFFICIAL WEBよりお願いいたします

 


コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
PROFILE
ギタリスト・コンポーザー・音楽講師。

幼少よりよりドイツ在住。ミュージカル、ビッグバンド、ブルース、ハードロックからスイングジャズまでのサポートを務める傍ら、自己のバンド「ITANI」でヨーロッパ諸国にて活動。

1997年に帰国。「ITANI」を再結成する。今まで計3枚のアルバムをリリース。最新アルバム「Station To Station」は海外のプレスからも絶賛される。現在、AmazonやiTunes Storeにて好評発売中。

http://itanimusic.com/

LIVE SCHEDULE

2020年6月24日(水)
SHOOT THE DICE
大塚Live House Welcomeback
selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM