<< 「G.A.S.」が「L.O.B.T.G.」に(またはギタリストの不治の病について) | main | フランス革命とゴジラの襲来(10/17ライブ後記) >>

決して「楽をさせて」はいない

本日は船橋市の塚田公民館にてアコースティックギターのワークショップ。計5回となるこの講座、今回で早くも3回目でした。

かなりの参加者数が一度に受講する講座ですが、一人も「リタイア」することなく満席のままでワークショップは進んでいます。開催の趣旨でもあった「楽器で交流を持つ」「音楽仲間を増やす」もどんどん活発化してきて、今日は既に始まる1時間近く前から多くの方が入場して、ギターや練習に関する談義が行われていました。

ロックやポップスという音楽が50年代の「Rock’n’Roll」と呼ばれたスタイルから生まれ、その後の60年代にビートルズなどの影響で世界の若者たちが「バンドブーム」に突入、更に70年代のロック全盛期につながっていったと考えると、この講座の参加者の皆さんは正にその流れをリアルタイムで体験してきた世代に近いといえるでしょう。そのためか、参加者の熱度がものすごい。講師である自分が発するひと言ひと言を聞き逃すまいと集中し、講師のサンプル演奏から全てを盗んでいこうという意気込みが伝わってきます。
 

今回のメインテーマの一つは「リズムの取り方」

 

講師の細かな説明にも熱心に耳を傾けて吸収していく参加者の皆さん

 


自分の教え方は決して受講者に「楽をさせて」はいないはずなのですが、皆さんが「もっと上手に弾けるようになりたい」「もっと充実した演奏がしたい」という想いで一生懸命に取り組んでいるので、既に本日の3回目の講座では公民館の担当者が驚くほどのレベルにまで上がってきました。
 

 


普段教えているハードなロック、ジャズ、ブルース、フュージョン、ソウルなどのジャンルとは全く異なる内容の講座ですが、教えている自分も学ぶところは少なくなく、なによりも自分と世代の近い方々が、楽器の上達を通じて笑顔をどんどん増やしていくのが伺われて講師冥利に尽きると感じています。

まだ講座は残っているので、受講者の方々の更なる向上も見られることでしょう。楽しみです。
 

次回ライブのお知らせです。 

2019年10月17日(木)

SHOOT THE DICE

大塚Live House Welcomeback

Jun Saito:Drums 伊谷 希:Guitar 野々口毅:Bass

open:18:30 start:19:00(2ステージ・ワンマンライブ)

charge:¥3.000(予約) ¥3.300(当日)+オーダー(この日はテーブルチャージはありません)

学生割引価格は¥1.600(+オーダー)

ご予約・お問い合わせはWelcomebackまたはITANI OFFICIAL WEBよりお願いいたします。

 

 

大変好評をいただいた前回のライブ中に(!)確定したスケジュールです。前回の勢いを上回るパフォーマンスで挑みます。ぜひいらしてください。


コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
PROFILE
ギタリスト・コンポーザー・音楽講師。

幼少よりよりドイツ在住。ミュージカル、ビッグバンド、ブルース、ハードロックからスイングジャズまでのサポートを務める傍ら、自己のバンド「ITANI」でヨーロッパ諸国にて活動。

1997年に帰国。「ITANI」を再結成する。今まで計3枚のアルバムをリリース。最新アルバム「Station To Station」は海外のプレスからも絶賛される。現在、AmazonやiTunes Storeにて好評発売中。

http://itanimusic.com/

LIVE SCHEDULE

2019年3月31日(日)
SHOOT THE DICE - Afternoon Show
本八幡Cooljojo

2019年4月25日(木)
SHOOT THE DICE
大塚Live House Welcomeback

selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM