<< 「撮る」と「録る」の果てしない違い | main | 「・・・・」を増やしても・・・・ >>

戦闘モードが裏目に

 

最近、少しですがスタジオ入りすることもあります。もちろん、万全な対策を取りながらの行動を心がけて・・・というか、長い自粛生活の中では妙な「戦闘モード」に入ってしまっていて、「うつらない」「うつさない」だけではなく「近寄るウイルス、撲滅したるっ!」とややアグレッシブな姿勢で外に出ることもしばしば。

 

スタジオ常備の消毒液はもちろんのこと、持参したアルコール溶液を自らと周りに、まるで親の仇のように噴霧して対応。まるでアンブレラ社のT-ウイルスに感染したアンデッドどもを叩きつぶしていくアリスのごとく・・(←それは映画の話・・)

 

 

え〜・・・冒頭からの脱線の傾向が・・・失礼しました・・・

 

 

ということで、当然ながら帰宅時にも「持ち込まない」をモットーに玄関で大がかりな消毒作戦を展開。ただ、おこもり期間が長かったせいか、戦闘モードの気合が裏目に出て空回りしてしまうことも・・・

 

先日、帰宅したときのこと: 楽器とリュックを玄関に置き、壊滅的な量のアルコール消毒シャワーを浴びせて「ざまぁみろ、ウイルス抹殺!」とばかり、意気揚々と部屋に入るまでは良かったのですが、気負いすぎたあまりに忘れていたことが一つ:

 

 

一部の合皮はアルコールで溶ける事実

手洗い後に玄関に戻ると、何とリュックの表面がアンドロイドのT-2が液状化していくかのごとく(←それは別の映画・・)まだらに剥げ始めて・・・やっちまったな〜っ(←それはクールポコ・・)

 

しばし、自分のしでかした惨状に呆然。これはもう使い物にならんか・・・買い替えるしか・・・いやいや、ここで買い替えればウイルスに負けた気がする(←なんで?)。ここで人様のほうがウイルスより上であることを示しておかねば、今後の士気に差し支えるであろうこと間違いなし(←だんだん意味不明に)。

 

 

そこで購入したのが合皮着色用のスプレー。ナノパワーで色をコーティングしていく優れものとのこと。よくわからんがとにかく作業を開始。メンドクサイ・・

 

 

すると

 

見事に表皮が復活。以前より鮮やかともいえる印象のリュックに再生しました。少しの手間でウイルスに打ち勝ったことでようやく溜飲が下がった感が(←ただの八つ当たり)。まぁ、工夫をすればDIYも楽しいということでしょうか(←ウソつけ)。

 

 

 

いやぁ〜、余計なエネルギーを使わせおって・・・こうなったら、さらにパワーアップしてウイルスを完全抹殺したるっ。なんなら自分のクローン2号3号を作って戦闘力を倍々に高めることで・・・(←だからそれはバイオハザード・・・)

 

 

 

いったい何の話だったんだ・・・(←知るかっ)

 

 

 

え〜、次回はまたまともな話に努めますのでご容赦を。

 

 

 


コメント
コメントする









calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
PROFILE
ギタリスト・コンポーザー・音楽講師。

幼少よりよりドイツ在住。ミュージカル、ビッグバンド、ブルース、ハードロックからスイングジャズまでのサポートを務める傍ら、自己のバンド「ITANI」でヨーロッパ諸国にて活動。

1997年に帰国。「ITANI」を再結成する。今まで計3枚のアルバムをリリース。最新アルバム「Station To Station」は海外のプレスからも絶賛される。現在、AmazonやiTunes Storeにて好評発売中。

http://itanimusic.com/

LIVE SCHEDULE

2020年6月24日(水)
SHOOT THE DICE
大塚Live House Welcomeback
selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM