<< これを味わいたくて | main |

釣りたての海鮮料理(6/24ライブ後記)

6/24のSHOOT THE DICE大塚Welcomebackライブ、最高に盛り上がって終了致しました。自粛解除後、お店の営業再開2日目のステージ。場合によっては2〜3人しかお越しいただけないかもと覚悟していましたが、始まってみると驚くほど多くの方々にご来場いただき、ただただ感謝致しております。

 

Welcomebackは元々テーブル席がメインのお店です。数多くあるライブハウスの形態の違いをご存知ない一般の方もおられますが、現状においてはスタンディングのお店とテーブル席メインとでは雲泥の差があります。先日ニュース番組で「キャパ150人のライブハウスが安全対策を守ったら6人しか入れない」という笑い話にもならない報道がありましたが、それはスタンディングで満員電車のようなぎゅう詰を前提とした場合。Welcomebackではテーブルを広く開け席を「間引き」することでしっかりと距離を確保したうえ、その他の安全対策も徹底して行われていました。さすが「律儀」が服を着ているようなスタッフの面々(笑)。本当にお世話になりました。

 

恐ろしく久しぶりのSTDステージでしたが、やはり何年も演っていると体は覚えているものです。「事前リハ無し・当日のサウンドチェックのみ」が恒例の(?)このバンド、それでも1曲目から「そうそう、これこれこれ〜」となった瞬間に「あ、このトリオも本当のユニットにまとまってきたのかな〜」と少し感慨深いものがありました。

 
ご来場の方々から「これほど楽しそうに超絶なプレイを魅せてくれるドラマーは他にいない」と絶賛されたJun Saito氏

 

リラックスして弾いているようで、演奏内容はギターより激しい野々口毅氏 

 

今回もアコギを交えて頑張りました。不肖イタニ

 

 

この日はエレキはこのレスポール1本で。久しぶりの2ステージ2時間、重い・・・・ 

 

 

まあ、端々では全員がちょくちょくやらかしとったようですが・・・(←それはアカンやろ)

 

一つ忘れていたのがペース配分。このバンドでのステージ、ホントにとてつもない体力と集中力を必要とするのです。2ndステージ半ばから「このままじゃ最後まで持たんかもっ」と焦りましたが、何とか最後まで玉砕せずに済みました・・・(←玉砕したらどうなっていたのだ・・・??)

 

バンドにとってもお客様にとっても久々のライブ会場。ご来場の方々の素晴らしいリアクションと笑顔を見ながら、生の演奏の大切さを改めて実感できました。STDの生演奏は、いわば海辺の食堂で釣りたての魚を使った海鮮料理を食べるようなもの。同じ魚でもコンビニの寿司弁当とはわけが違うと思っています。配信では得られないその「新鮮さ」をお客様にも感じ取っていただけたようで、「やっぱり生で観るのが一番」「来て良かった」「ずっと待っていました」と多くのお声をいただけたのが何よりも嬉しかったです。

 

次回のSTDライブは8月4日(火)、同じく大塚Welcomebackにて行ないます。ぜひご予約を。

 

これからも安全・安心を最優先とし、少しずつ活動を進めていきたいと考えています。皆様、引き続き応援よろしくお願い致します。

 

 

 

 

ちなみに、今回は機材関係も少し新たな試みを行なってみましたが、それについてはまた改めて後日に・・・

 

 

 


コメント
コメントする









calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>
PROFILE
ギタリスト・コンポーザー・音楽講師。

幼少よりよりドイツ在住。ミュージカル、ビッグバンド、ブルース、ハードロックからスイングジャズまでのサポートを務める傍ら、自己のバンド「ITANI」でヨーロッパ諸国にて活動。

1997年に帰国。「ITANI」を再結成する。今まで計3枚のアルバムをリリース。最新アルバム「Station To Station」は海外のプレスからも絶賛される。現在、AmazonやiTunes Storeにて好評発売中。

http://itanimusic.com/

LIVE SCHEDULE

2020年6月24日(水)
SHOOT THE DICE
大塚Live House Welcomeback
selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM