<< 「心の糧」として(9/6のライブ後記) | main | 突然ですが >>

面接で落とされたギタリスト・・・?


なんだかんだでバタバタした日々が続いています。来月に入るとまたヒマになる予感もするのですが・・・

 

昨日は午前からアコースティックのリハ。今のところガットギターとヴォーカルの二人だけなので、リハはカラオケ店で行なうことが多くなっています。たまに隣の部屋から「??」という歌声が聞こえてきたりするのがアレですが(汗)

 

このユニット(←今後はメンバー増やす予定)では、久々に「バンド」らしくリハーサルを重ね色々と話し合って作り上げていく形で動いていて、それが充実感に繋がっているのが魅力です。まだ始まったばかりですが、ステージに立つ頃(コロナが収束する頃?)には相当面白くなっていると思うので楽しみです。

 

ただ、現状下ではディスタンスを守る必要もあり、どうしてもリハ風景が「面接で落とされたギタリスト」に見えてしまうのが冴えませんが・・・

(−_−;) 

 
 
午後に帰宅してリハの「宿題」を済ませて、夕方からはエレクトリックに持ち替えて「G-S-M」のレッスン。生徒さんの志向がどんどん多様になってきているのが伺われます。この日の課題は  
 
ボサノヴァ(←ロックな生徒さんがすごい意欲で取り組んでいます)  
 
80年代フュージョン(←30代の生徒さんがどハマりの様子)  
 
それと60年代ロック(←これも若い生徒さん) 

皆さん「正しい練習法がわかれば何でもこなせる!」と、自らどんどん新たなジャンルに挑戦していくので本当に教え甲斐があります。 

 
「G-S-M」についてはこちら

 

そして本日は自宅訪問レッスン。こちらはまたアコースティック。仕事でもギターを使う生徒さんですが、最近は「今はもっと自分自身の向上のためにトレーニングしたい」ということで、ジャズ・バラッドなどを無伴奏でこなす練習プログラムを組んでいます。

 

個人的にはジャズをアコースティックで弾く場合はナイロン弦が好みなのですが、生徒さんの利用したいギターのタイプに楽器を合わせることにしています。 

 

明日はヘヴィメタル系とブルースのレッスン。我ながら、よくここまで伝授するジャンルの幅が広がったものだと・・・ 

 
パーソナルレッスンについてはこちら

 

まだまだ世間は落ち着きませんが、万全な安全対策で取り組んでいきます!携わる一人ひとりの音楽への情熱に報いるためにも。

 

2020年10月29日(木)

SHOOT THE DICE

Jun Saito: Drums、伊谷 希:Guitars、野々口 毅:Bass

大塚Live House Welcomeback

open:18:30 start:19:00  close:22:00

charge: ¥3.000(予約) ¥3.300(当日) 別途order(テーブルチャージ無し)

学生割引価格:¥1.600

 

 


コメント
コメントする









calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
PROFILE
ギタリスト・コンポーザー・音楽講師。

幼少よりよりドイツ在住。ミュージカル、ビッグバンド、ブルース、ハードロックからスイングジャズまでのサポートを務める傍ら、自己のバンド「ITANI」でヨーロッパ諸国にて活動。

1997年に帰国。「ITANI」を再結成する。今まで計3枚のアルバムをリリース。最新アルバム「Station To Station」は海外のプレスからも絶賛される。現在、AmazonやiTunes Storeにて好評発売中。

http://itanimusic.com/

LIVE SCHEDULE

2020年6月24日(水)
SHOOT THE DICE
大塚Live House Welcomeback
selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM