<< 煽り運転の犯人・・?? | main | 精進料理とパンとワイン(10月29日ライブ後記) >>

やっぱりアテにならない

 

以前にもこのブログサイトで記したことだが、英語では楽器の音について語る時に「Sound」と「Tone」という二つの異なる表現がある。僕がヨーロッパ滞在中に共演する機会のあったアメリカのミュージシャンたちは、ベテランの人ほどこの「サウンド」と「トーン」という言葉を明確に使い分ける傾向にあった。

 

彼らと共演した後に「You play good」と言われたら、恐らくはただのお世辞と思ったほうが良い。日本人の「お疲れ様でした」のようなもので、強いて言えば「お前のプレイ、破綻はしなかったよな」程度の認め方と理解するべきかもしれない。彼らが「こいつ、いいな!」と思うプレイをした時には「You SOUND good」と言ってくれることが多い。「You SOUND GREAT!」または「You SOUND BAD, man!(←最上級の褒め方)」と言わせたら勝ちだ。つまり彼らにとっての「Sound」とは楽器やアンプの音ではなく、そのプレイヤー自身の個性や能力から生まれる総合的な「音楽性」のことを指している。

 

 

と、長い前置きでしたが、これを踏まえて今回の失敗談を・・・

 

最近、ライブやレコーディングで使用するギターに、若干の調整が必要となるケースが出てきました。そこで1〜2本のギターでピックアップを変えることで対応してみたところ、なかなかの結果が出たのですが・・・

 

・・・1本だけ、納得のいくピックアップが見つからない・・・

 

そこで、たまたま動画サイトで配信されていたピックアップのデモ演奏が好印象だったので参考にしてみることに。本来、自分は動画サイトのデモ演奏をあまり信用しないようにしています。どのようなアンプ、エフェクター、ケーブルやレコーディング機材が、どのように使われたのかもわからない状況で、しかも動画サイトの典型的な圧縮された音質では、特にエレクトリック楽器(ましてやピックアップ単体)の音色などわかるはずがないと思っているからです。

 

でもこの日はヒマだったのか、疲れていたのか、それともコロナ自粛で感覚がおかしくなっていたのか・・・「メーカーサイトのデモ演奏だし、まぁまぁ大丈夫か〜」と、なぜか自分に言い聞かせて発注。自分の楽器に取り付けてもらいました。 

 

で、結果は・・・

 

 

・・・大失敗・・・

 

 

・・・全くマッチングしない。あ〜ぁ、だから止めとけって言ったのに〜(←誰もいっとらん)・・・動画サイトの音は全く信用できないことを改めて痛感しました。

 

冒頭で述べた「Tone」と「Sound」ですが、ミュージシャンの音楽性による音(Sound)は、ベテランほどに楽器や状況を問わなくなります。先日亡くなったEddie Van Halenなどが良い例ですが、彼は使用ギターやアンプを替えても「EVHのサウンド」は変わりませんでした。他のいわゆる「ギター・ヒーロー」たちについても同じことが言えるでしょう。このようにミュージシャン自身の「Sound」は動画サイトでもある程度は窺われるのですが、問題は「Tone」のほう。こちらは前述の通り、動画サイトでは全くアテにならないことを再度思い知らされた次第です。

 

結局、お世話になっているクラフトマンにもう一度お願いして、慣れ親しんでいるピックアップに変更してもらいました。これでようやくOKに。余計な「授業料」を払ってしまった・・・

 

そろそろ自分も「やたらと楽器をいじることでひょっとするととてつもなく凄い改善が見られるかもしれない」というアホな幻想(←今でもたま〜に発症する)から完全に抜け出す必要がありますね。

 

ちなみに、次回のライブでこのギターを導入する予定はありません・・・(←では何だったんだ)

 

次回のライブは10月29日。Shoot The Diceの最終ステージとなります。5年間の活動の集大成ライブにぜひお越しください。

 

2020年10月29日(木)

SHOOT THE DICE

Jun Saito: Drums、伊谷 希:Guitars、野々口 毅:Bass

大塚Live House Welcomeback

open:18:30 start:19:00  close:22:00

charge: ¥3.000(予約) ¥3.300(当日) 別途order(テーブルチャージ無し)

学生割引価格:¥1.600

 


コメント
コメントする









calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< November 2020 >>
PROFILE
ギタリスト・コンポーザー・音楽講師。

幼少よりよりドイツ在住。ミュージカル、ビッグバンド、ブルース、ハードロックからスイングジャズまでのサポートを務める傍ら、自己のバンド「ITANI」でヨーロッパ諸国にて活動。

1997年に帰国。「ITANI」を再結成する。今まで計3枚のアルバムをリリース。最新アルバム「Station To Station」は海外のプレスからも絶賛される。現在、AmazonやiTunes Storeにて好評発売中。

http://itanimusic.com/

LIVE SCHEDULE

2020年6月24日(水)
SHOOT THE DICE
大塚Live House Welcomeback
selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM